中島知子、復帰支持派の裏にチラつくバックアップ“勢力”の存在

サイゾーウーマン / 2013年4月8日 9時0分

写真

 3月29日に放送された『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)で久々にテレビ出演したオセロ・中島知子だが、復帰を期待されていた番組である『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ系)、また同じくレギュラー出演していた『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)がほぼ同時期に終了した。すでに芸能活動再開の意向を見せていた中島だが、かつての“古巣”での復帰は叶わなかった。

 中島がマンションで籠城生活を送っていた時から、SMAP・中居正広の番組での復帰がささやかれていた。『黒バラ』の番組関係者は、Twitterで「(中島が)最後にスタジオに顔出すことを中居くんも切望していたのですが」とつぶやくなど、両者の関係は相当深かったことがうかがえる。しかし同番組が終了した今、関係者の間で中島本格復帰の番組として、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)が挙がっているというのだが……。

「やはり単独インタビューでの出演は、各方面から批判の的となっています。『洗脳はなかった』『悪いのは自分』と繰り返すだけで、所属事務所や迷惑を掛けた関係者の謝罪も済んでいないとあって、現段階で中島を起用したいと考える番組は存在しないはずです」(芸能プロ関係者)

 しかし一方で、中島をバックアップする“勢力”の存在が見え隠れしているという声も。

「テレ朝を始めとして、業界内に突然“復帰支持派”が増えているのも事実です。インタビューをしたレポーターが中島を『至って普通だと思った』と発言したり、デーブ・スペクターがフォローするなど、中島とそこまで縁が深いようには思えない人間が、なぜかフォローに徹している。対して事務所の先輩である笑福亭鶴瓶やTKOは『まだ洗脳は解けてない』と、復帰は時期尚早との見方を示している。中島を利用したいと考える会社やプロダクションが、裏で操作をしているのかもしれませんね」(週刊誌記者)

 そこには、複数の大手プロダクションの名前が挙がっているという。

「現在最も有力視されているのは、かつて中島の先輩である北野誠を活動休止に追い込んだとされるプロダクション。両プロダクションの関係は、現在でも犬猿の状態だけに、一連の復帰劇は中島の引き抜きと見てもいいのでは」(同)

 これまで築き上げた人間関係を考慮した上で動くとなると、やはり復帰は難しいことだろう。かつてのファンが望むような形での復帰はまだまだ遠いのかもしれない。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング