森公美子&柳原可奈子が告白、女性ぽちゃタレを狙う男・ゾマホン

サイゾーウーマン / 2013年5月29日 13時0分

写真

 5月19日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)は、「ぽっちゃり美女SP!」として、森公美子と柳原可奈子の2人をゲストに迎えた。

 冒頭から、スタジオセットの階段を寄り添いながら、「ヒザに悪い、ヒザに悪い!」(森)と、こわごわ降りてくる2人。今回はテーマ通り、2人による“ぽちゃタレ”ならではのトークを披露してくれるわけだが、まずは定番のグルメレポートの話題から。最近も1回のロケでご飯を9膳食べたという柳原。しかし、

「ロケでの食事はノーカウント」

 と、びっくりするようなことを言うと、

「わかります、わかります」

 と、隣でうなずく森。ぽちゃタレだからこそわかる“あるある”があるわけだ。「それぞれの店でちょっとずつ食べればいいじゃないか」と番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也がもっともなツッコミをするが、

「ダメよ、お店の人に失礼だもの」(柳原)

 と反論。これが、ぽちゃタレにとっての正しい姿勢のようだ。

 画面に<ぽっちゃりの悩みが連発!>というテロップが出され、ぽっちゃりだからこそわかる「あるあるネタ」が続々と繰り出される。例えば「イスを壊しがち」。そこから、柳原が「体重計の目盛り表示部分を踏んで割ってしまったことがある」といえば、モリクミも「割った」つながりで、飛行機のサービスで貸してもらった青竹踏み用の竹を、「踏んだ途端にバリーンって」割ってしまったと告白。

 ぽちゃタレはネックレスを買うのもなかなか大変だそうで、普通の長さだと、付けた時にチョーカー状態または窒息状態になってしまうという。そういった人向けに、「延長チェーン」というものが販売されていることを、2人のおかげで知った。

 ジェットコースターなど絶叫マシンに乗る時は、安全バーを彼女たちに合わせることになるので、隣に乗った人が標準体型だと隙間が生じてしまい、ぽっちゃりとしては気になるらしい。

「カーブになって、その人浮いたのを見て」(森)

 と、「盛りすぎじゃないか?」というほどの話も飛び出したが、もともとトークがうまい2人だけに、聞いてる方も「いやいやいや、それはないでしょ!」というツッコミをせず、ただただ笑える空気感になるのはさすが。ネタの完成度が高い。

 爆笑ぽっちゃりトークはまだまだ続く。ブラをつける時どうするのかという話題には、

「前でこうやってしめて、クルッと回すの」(森)

 最近、大きめのサイズを取り扱う店が増えてきているという話題には、

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング