勝因は「女性向けAV」!? 米倉&篠原“W涼子”対決は『ラスト・シンデレラ』の勝利

サイゾーウーマン / 2013年6月14日 13時0分

写真

 2010年の『ナサケの女~国税局査察官~』(テレビ朝日系)、『黄金の豚‐会計検査庁 特別調査課‐』(日本テレビ系)以来、3年ぶりの同クールドラマとなった米倉涼子と篠原涼子の“W涼子”対決だが、最終回を前に勝敗が見えてしまったようだ。米倉主演の『35歳の高校生』(日本テレビ系)の第9回視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、ついに一桁を記録してしまったのだ。一方で篠原の『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)は初回から7週連続視聴率アップという、1989年以降の民放連続ドラマで初めての記録を打ち立てた。第8回こそ初めて数字を落としてしまったものの、最新の9回では15.9%と、またしても同作最高視聴率をマークした。

 『ナサケの女』『黄金の豚』は、米倉が放送前から「向こうはどんな内容なの?」とスタッフに聞き回ったり、逆に篠原は制作発表会見で「(米倉のドラマの存在は)知らなかったです。自分のことに夢中なので」と発言するなど、互いにライバル視する2人の様子が伝えられていた。結果は最終回こそ14%台とほぼタイの数字だったものの、平均視聴率が『ナサケの女』13.9%、『黄金の豚』13.5%と、僅差ながら米倉に軍配が上がった。

 しかし今回の『35歳の高校生』『ラスト・シンデレラ』は、順調に数字を上げ続ける篠原に対して、米倉は下降の道を歩む結果に。放送開始前から制服姿の米倉は度々メディアに取り上げられていたが、この話題性に視聴率は追いつかなかったようだ。その原因について、テレビ批評で知られるライターの吉田潮氏はこう分析する。

「あのコスプレは大いに世間の興味を引いたと思いますが、いざストーリーはというと『大人が考えたスクールライフ』そのもので、いくら米倉がミニスカで頑張っていても、全然リアリティを感じませんでした。ストーリーも学園モノなのにひたすらダークで、視聴者もついていけなかった。米倉が悪いというよりは脚本家や演出家の責任ですが、まるっきり“コスプレ損”という印象ですね」

 また『ラスト・シンデレラ』については、世間でいわれている篠原のお色気シーンではなく、まったく別の勝因があったようだ。

「昼ドラの過剰セックス表現が放送倫理・番組向上機構(BPO)の審議に掛けられるなど、ドラマがエロに慎重になっている昨今だけに、フジの気合を感じたのですが……。篠原に関しては煽るほどのエロさは皆無で、ハッキリ言って『脱ぐ脱ぐ詐欺』。むしろ視聴率アップに貢献したのは、三浦春馬がシャワーシーンで披露する乳首ではないかと。大河ドラマの西島秀俊や『ダブルス』(テレビ朝日系)の坂口憲二と伊藤英明など、現在“男の乳首”は女性視聴者が大いに期待する要素。それに『ラスト・シンデレラ』のエロさは全然物足りないというか、ラブシーンもソフトで『女性向けAV』を見ているよう。まったく“セックス”にたどりつけていないのですが、結果的にはそれも勝因につながったのでは」(吉田氏)

 最終回を前に篠原に軍配が上がったW涼子対決だが、両者の因縁は今後も続いていくのか――。

※画像は『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)公式サイトより

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング