「撮影前日にショック死」テリー伊藤、演出家時代の苦情殺到・大炎上エピソード

サイゾーウーマン / 2013年9月9日 13時0分

写真

 『天才・たけしの元気が出るテレビ』、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(いずれも日本テレビ系)、『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)、『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)……。80年代から90年代を代表するバラエティ番組の数々には、ある人物が関わっていた。今や芸能界のご意見番としておなじみのテリー伊藤である。

「時々キレる、口うるさい時事評論家のように思われがちですが、現在のテレビ業界でトップを走る制作会社の代表取締役ですよ。我々テレビマンからしたら伝説の演出家といっても過言ではない。彼の手がけた番組は、今では絶対に放送できない企画のオンパレードなんです」(テレビ制作会社社員)

 伝説の演出家・テリー伊藤の手がけた、今では放送禁止の番組とは一体どんなものなのだろうか?

「今より規制の緩かった80年代でさえも、テリーさんの番組は放送内容が下品かつ過激すぎて打ち切られることがよくありました。日テレで82年に放送した『テレビに出たいやつみんな来い!!』は素人・芸人問わず審査員に一芸を披露し、チャンピオンを決めるというもので、顔面に塗りたくったチョコを舐め合う『シャネルズ』、全身ガムテープを巻きつけ最終的には全裸になる『ミイラ男』など、ネタはくだらないものばかり。当時人気絶頂だったビートたけしの漫才コンビ・ツービートが司会にもかかわらず、10回放送しただけで打ち切りになりました」(同)

 ちなみに「ミイラ男」として出ていたのは、当時すでにタレントとして活動していた片岡鶴太郎が「素人」という触れ込みで披露したネタだ。

「素人の暴走で番組が破綻しないように、芸人であった鶴太郎さんをレギュラー出演させていたということですが、結局はその下品さに2カ月で終了しちゃいました」(同)

 今では動物虐待で問題になりそうな企画も、数多く手がけている。

「73年、謎の類人猿オリバー君を特集した番組に新人ADとして参加したテリーさんはオリバー君の世話係を担当したんですが、これがただのチンパンジーだったとか。それを知らない世間の人は、『謎の類人猿』に熱狂。この時、アプローチの仕方を変えるだけで世間を騒がせることができると知り、テリーさんは感心したわけです」(バラエティ構成作家)

 以降、彼の演出したバラエティ番組には動物が度々登場する。

「『シマウマは素肌も白黒か?』という企画で用意したシマウマが、撮影前日にショック死したため、なんとか生きてるように見せようとスタッフを使って動かしたり。日テレで放送された申年の正月番組では、本物のサルを使って『もぐら叩き』を行ったため、苦情が殺到。これが原因で、しばらく日テレの番組制作から外されたといわれていますね」(同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング