辞めジャニ規制緩和? 囁かれる森且行『SMAP×SMAP』出演の可能性

サイゾーウーマン / 2013年9月12日 9時0分

 SMAPのCDデビュー日にあたる9月9日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、前代未聞の「シングル全50曲ノンストップメドレー」が生放送された。アラフォー世代に突入したSMAPメンバーだが、生ライブではCD発売当時の振り付けを再現するなど、年齢を感じさせないパフォーマンスを披露。ネット上には「SMAPはやっぱりすごかった」「40分間ノンストップは本当に感動した」などと称賛の声が続出した。

 デビュー日と同番組の放送が11年ぶりに重なったこの日は、 デビュー曲「Can’t Stop!!-LOVING-」から6月発売の50枚目の記念シングル「Joy!!」までを、CMなしで歌い踊り続けるという異例のメドレーに挑戦。リーダーの中居正広が「倒れるのでは」などと不安視される中、会場のファンと一体になりながらも見事にメドレーを完走した。

「ライブ以外で印象に残ったのは、最後にメンバーが生ライブの感想を話した場面です。時間が迫っているにもかかわらず、(稲垣)吾郎ちゃんに続いて2番目に振られた木村(拓哉)君の話が長くて、ほかのメンバーの話が聞けないまま終わってしまうのでは、とヒヤヒヤしました。機転を利かせた中居君が話を振る順番を変更し、その意思をくみ取った(香取)慎吾が短めにコメント。最後に(草なぎ)剛に振るものの、時間がなくてコメントできないまま終了……と、剛を“オチ”に使うことでうまくまとめていました。ファンにとっては木村君の話が長いというのは暗黙の了解ですが、さすがリーダーだけあって中居君も心得ている。メンバーの関係性が如実に表れた、SMAPらしいエンディングでした」(熱心なSMAPのファン)

 一方で、10日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、1996年にSMAPを脱退したオートレーサー・森且行の同番組出演に関して報じている。全盛期は視聴率30%超えもあったが、最近では10%前後に留まることも珍しくない。同誌は「高視聴率獲得のために、制作サイドがひそかに期待を寄せているのが森の存在」だと伝えている。

「先日、田原俊彦が『メリー喜多川副社長から手紙が届いた』と明かしたことが話題になりましたが、同事務所の“辞めジャニ”に対する関わり方に変化が見られています。森の脱退後、しばらくは写真や映像の使用もタブーとされていましたが、近年ではその規制も緩和されている。9日の『スマスマ』でも、過去の映像を流すにあたって6人の写真が大きく映し出されていましたね。SMAPメンバーと森は、『お互いに日本一になろう』と約束して別々の道を歩むことになりました。森の出演が実現するとなれば、『スマスマ』最終回の日が訪れた時や、森がオートレーサーとしてトップに君臨し、自身が納得して引退を決めた後になるのでは」(ジャニーズに詳しい記者)

 10月からは木村がドラマ『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(TBS系)、草なぎも『独身貴族』(フジテレビ系)で主演を務めるなど大役を控えており、今秋はほかの3人もそれぞれ出演映画の公開が決まっているSMAP。ファンにとってこの日の放送は、今年の春に放送された「はじめての5人旅スペシャル」に次ぐ、永久保存版になったようだ。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング