Sexy Zone新曲、特典のトレカ未封入が発覚! 売り上げ好調でもグループの今後は……

サイゾーウーマン / 2013年10月11日 9時0分

 5日にスタートしたSexy Zone・佐藤勝利主演ドラマ『49』(日本テレビ系)。「棒読み芝居で主演が務まるのか?」と放送前からファンに不安視されていたが、初回視聴率3.1%と健闘。来春には中島健人主演の映画『銀の匙 Silver Spoon』が公開されるなど、デビューから2年、大作の仕事が舞い込むようになったSexy Zone。そんな中、5枚目のシングルとして発売された「バィバィDuバィ~See you again~ / A MY GIRL FRIEND」に不備があったことが判明し、ファンに衝撃を与えた。

 9日に発売された同CDは、初回限定盤K、S、Nと通常版、そしてSexy Zone Shop盤の計5形態が用意されている。今回、不備が発覚したのはSexy Zone Shop盤で、特典として封入されるはずのオリジナルトレーディングカードが未封入だったという。ポニーキャニオンのSexy Zoneオフィシャルサイトにお詫び文が掲載され、「制作工程上の不備」が理由だと説明されている。これにはファンから「ポニーキャニオンしっかりしてくれ」「ポニキャもセクゾンに振り回されて大変だな」と声が上がっている。今後の対応として、「ご購入枚数分のオリジナルトレーディングカード(5種うち1種)を弊社からお送りさせていただきます。尚、発送に関しましては現在10月11日(金)を予定しております」とのこと。

 特典の不備以外にも、早くも1年が経過したグループ内の格差問題にもファンは不満を感じているという。

「今作でも松島聡とマリウス葉はJr.のような扱いです。初回限定盤Sのジャケットは佐藤勝利、中島健人、菊池風磨の3人だけの写真で、Fでは映り込み程度に入っているだけ。それでも、今作もオリコンデイリーランキングで1位を獲得、売り上げ枚数は9万4,682枚と前作の初日売り上げを上回る数字となりました。格差にファンが慣れたのか、あきらめたのか、今後数字が大きく落ち込むことはないのでは。とはいえ、4枚同時購入キャンペーンや、特典の手数を増やす方法で複数買いを促すやり方を、いつまで続けるのかによると思いますが」(芸能ライター)

 特典DVDにJr.のシーンも収録するなど、Jr.ファンを引き込んでの販売戦略も定着してきたSexy Zone。佐藤主演の『49』にも人気Jr.が多数出演し、夏に開催された『お台場合衆国』でも、佐藤がJr.を引き連れてステージに立つなど、にわかにこれまでとは違う動きが見られている。11月16日にはデビュー2周年を迎えるが、今後の展開にも期待したい。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング