ビヨンセ&ジェイ・Z、60万円分の“大人のおもちゃ”を大人買い!

サイゾーウーマン / 2013年12月30日 19時0分

写真

 今年9月、米経済誌「フォーブス」が発表した、2012年6月~2013年6月の1年間に「最も稼いだセレブ・カップル」ランキング第1位に輝いたビヨンセとジェイ・Z。夫婦で9,500万ドル(約95億円)という収入を得た2人は、10月には米有力エンタメ誌「ヴァニティ・フェア」の「全米で最もパワフルなカップル」に、政治家や実業家たちを押さえて第1位に選出されるなど、向かうところ敵なしな1年を過ごした。

 そんなビヨンセとジェイがクリスマス明けの26日、娘抜きでショッピングに繰り出した。なんと白昼堂々、“大人のおもちゃ”を買いに、専門店を訪れたのである。

 米ゴシップ芸能サイト「RadarOnline」によると、ビヨンセとジェイは、クリスマス当日は家で過ごしたが、翌26日は夫婦仲よくニューヨークの街に繰り出したとのこと。2人が向かった先は、セックストーイ・チェーン店として有名な『ベイブランド』。この店は、いかがわしいアダルトショップのイメージを払拭し、コスメ店のようにポップで明るい雰囲気が売りのセックストーイ・ショップで、女性に人気が高い。ビヨンセは夢中で品物を選び、約6,000ドル(約60万円)もの“大人のおもちゃ”を購入したという。消息筋によると、「ビヨンセとジェイが買ったおもちゃは、すべて売れ筋の商品だった」とのこと。「金張りされたおもちゃも、いくつか購入していた」そうで、高収入カップルにぴったりのものを選んだようだ。

 ビヨンセが、セックストーイ店に入ったと報じられたのは今回で2度目。11年に、デスティニーズ・チャイルド仲間のケリー・ローランドと一緒にロサンゼルスにあるセックストーイ店に入り、物色していたと伝えられたことがあるのだ。

 実は海外には“大人のおもちゃ”好きなセレブが多く、そのことをオープンにしているビッグスターも少なくない。元夫がセックス依存症だったハル・ベリーは、ドラマ『Sex and the City』の撮影に使われた有名セックストーイ店「プレジャー・チェスト」の常連客。「自分のセクシュアリティを無視するなんてことはできないわ……プレジャー・チェストに行くことで、自己愛撫するのよ」と赤裸々に語っている。

 年下のエネルギッシュな男性と付き合うことが多いエヴァ・ロンゴリアは、「最高のセックスは、大人のおもちゃを使ったセックス」だと告白しており、「贈り物としてもよく買うの。オルガズムを感じるのには最高のギフトよ」と発言。『デスパレートな妻たち』でエヴァと共演したテリー・ハッチャーも大人のおもちゃ愛好家で、「男が欲しい理由が見つからない。だってアタシ、素晴らしいエレクトロニクスを持ってるんですもの」「もし、大人の女性が“あら、私は持ってないわ”と言ったら、それはウソよ」と言っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング