SMAP・中居正広が語る、『紅白』舞台裏と『ジャニーズカウントダウン』の衝撃

サイゾーウーマン / 2014年1月23日 9時0分

 SMAP・中居正広が、1月18日放送の自身のラジオ番組『中居正広のSome girl’SMAP』(ニッポン放送)で、昨年末の『NHK紅白歌合戦』の裏話や、自宅で見たという『ジャニーズカウントダウンコンサート』(フジテレビ系)の感想を語った。

 昨年末も『笑っていいとも!特大号』(同、12月25日放送)、『ミュージックステーションスーパーライブ』(テレビ朝日系、12月27日放送)に出演するなど、大忙しだった中居。2006~09年まで『紅白』の司会を務め、10~12年までは『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ』(TBS系)の司会を担当していたため、今回のように『紅白』出演後すぐに自宅に帰ることが“新鮮”だったという。

「家帰って、ジャニーズのカウントダウン見てたら、香取(慎吾)君が出てて。『何やってんだろう? この子?』みたいな。初めてじゃない? ジャニーズのカウントダウンにSMAPのメンバーが行ったの。(スタッフに)初めてだよな? 行ったことないよな? 『あー! どうすんだろう、この子』と思いながら。なんか宣伝してたね。歌も歌わず。『紅白』のそのまんまの衣裳で」

 と、『紅白』後は自宅でゆっくり過ごしていたそうだ。香取は『カウコン』の後番組『YOUコントしちゃいなよ』(フジテレビ系)の宣伝でステージに登場していたが、メンバーの中居にも香取の登場は知らされていなかったのだろう。突然現れた香取に驚きながらも、残念ながら宣伝していた『YOUコントしちゃいなよ』を中居が見ることはなかったようだ。

 そして中居は白組の“トリ”を務めた13年の『紅白』に際して「まぁ、こんなこと言ったら……」と前置きした上で、

「『Mステ』のSMAPの振りとかが、もうちょっとあまりにも合ってなくて。まぁ、もちろん自分もいけないんですけども。あまりにも準備を怠ったとこがあったんで。“紅白はもうちょっとしっかりやんなきゃいけない”みたいな。なんか1人でプレッシャーかかっちゃって」

 と、『Mステ』でのパフォーマンスを反省していたことを告白。SMAPは『紅白』で後ろからの照明を浴びて登場し、颯爽と階段を降りて「Mistake!」を歌い始めていたが、『Mステ』で納得のいかない踊りを見せてしまっただけに、中居は「階段降りる時は絶対みんな右で! 絶対に右足で降りるようにみんなに言っといて!」と、スタッフを通じてメンバーに指示を出していたそう。

「もう、そういう細かいとこね。『大きな成功は、細部に宿る』っていうから。『そういう細かいことが一番大事なんだよ!』なんつって。『紅白』の方は、良かったんじゃないのかなぁ? なんか『SMAPが綺麗だったなぁ~』と思いながら」

 と、中居が気を引き締めた甲斐もあり、『紅白』は満足のいく出来になったようだ。昨年はKis-My-Ft2の派生ユニット「舞祭組」をプロデュースした中居だが、2月7~23日に開催されるソチ五輪のTBS系のメインキャスターを務めることが発表されたばかり。今年も多忙な年になりそうだ。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング