山下智久が「君ならできるよ」と赤西仁に!? 赤西を慕うジャニーズ後輩への影響

サイゾーウーマン / 2014年3月4日 9時0分

 昨年8月にシングル「HEY WHAT’S UP?」をリリースし、芸能活動に復帰した赤西仁が、2月末をもってジャニーズ事務所を退社したことが3月2日、明らかになった。

 昨年12月に出演映画『47RONIN』が公開して以降、新たな仕事に関する情報もなく、ファンを不安にさせていた赤西。2月中旬には、昨年11~12月にかけて行われたコンサート『Jin Akanishi’s Club Circuit』のDVD&Blu-ray化決定のニュースが久しぶりの朗報となった。そんな中、1日発行の「東京スポーツ」では、赤西がジャニーズに契約解除を申し入れたことを一面でスクープ。ジャニーズと赤西との間に方向性の違いが生じていたとして、赤西の処遇について「近く結論が下される」と、伝えていた。

「当初、ファンからは『東スポの記事だし、ガセだね』『辞めるなら結婚の時に辞めているでしょ』『辞める人がDVD出さないよ』と、呆れ気味な反応が多く上がっていました。ジャニーズファンの中で東スポは、ツチノコやUFOなど“トンデモ記事”のイメージが強く、信ぴょう性が薄いと認識している人も多いのでしょう。しかし、翌朝のスポーツ紙でこの件が事実として報道され、ジャニーズファン全体に衝撃が走りました。東スポは、赤西が他アーティストに作詞提供をしていることや、SMAPを手がけた飯島三智氏が、赤西の復活前に『やっぱりカッコいいよね』と話していたことなど、やけに赤西の周辺情報に詳しい。今回のスクープ然り、赤西に近い人物がネタ元にいるようですね」(ジャニーズに詳しい記者)

 各社の報道を受け、元メンバー・田中聖はTwitterで赤西の退社に言及。また、弟で俳優の赤西礼保や親友の城田優が、赤西本人の退社報告ツイートをリツイートしている。

「仁と仲が良いことで知られる山下智久は、2月25日付の『Johnny’s web』の日記で『卒業シーズンだね』と前置きしながらも、『仲間と別れるのは寂しいけど、次のステージでも頑張ってこうね』『君ならできるよ』(原文ママ)と、意味深なことをつづっているんです。時期的にも仁から退社の報告は受けていただろうし、今考えるとあれは『仁へのメッセージだったのか』と、ファンの間で話題になっています。Jr.時代からつるんできた仲間だからこそ、名前は出さなくともエールを送りたかったんだと思います」(赤西ファンの女性)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング