あの騒動が尾を引いてる? ビヨンセ夫妻が、カニエ&キムの結婚式をドタキャンしたワケ

サイゾーウーマン / 2014年5月26日 19時30分

写真

 全米きってのナルシストで、2人の世界に陶酔しきっているキム・カーダシアンとカニエ・ウエストが、当初の予定通り、5月24日にフィレンツェで挙式した。式には、カニエとコラボやツアーをしたことがある親友のジェイ・Zが、妻のビヨンセや娘ブルー・アイビーを連れて出席すると事前に報じられており、新郎新婦と同じくらい注目されていた。ジェイは新郎の付添人・ベストマンを務めると見られており、ビヨンセとともに披露宴で歌を披露する可能性があるとも報道されていた。

 ビヨンセがどんなドレスで結婚式に出席するのか、プライベートジェットで現地入りするのか。当日、ビヨンセとジェイの姿を収めようと大勢のパパラッチが2人の姿を探したのだが、見つけることはできなかった。それもそのはず、2人は結婚式には参加しなかったのだ。

 欠席が発覚したのは、まさに式が行われている最中。ビヨンセが自身のインスタグラムに、ノーメイクの写真を掲載。コーンロウと呼ばれている、生え際から三つ編みのように髪を編み込むヘアスタイルにしてもらったばかりというような雰囲気の写真でもあり、ネット上で、「キムエの式をドタキャンして肌と髪のお手入れ!?」と大騒ぎになったのだ。

 ビヨンセはしばらくして、キムとカニエが表紙を飾った米版「ヴォーグ」4月号に掲載された、白いドレスを着たキムに膝枕してもらう上半身裸のカニエと、カニエに抱かれ微妙な表情を浮かべる娘ノースの家族写真をインスタグラムに掲載し、「無条件の愛が、一生涯続きますように。あなたの美しい家族に神のご加護がありますように」というメッセージを添えた。“式には行けなかったけれど、あなたたちのことを思っています”とアピールしたかったのだろうが、コメント欄には「心にも思っていないことを」「行くのが面倒なんでしょ」「ジェイも弟分のカニエの式に出ないなんてひどいよね」という批判が殺到し炎上。このままだとマズイと思ったのか、ビヨンセはすぐにガラスの天井越しに撮影した美しい青空の写真を、メッセージなしで掲載。事態の収拾を図った。

 ビヨンセとジェイが、カニエとキムの式を欠席した理由は一体何なのか。

 米ゴシップ芸能サイト「HollywoodLife」は、その原因をレイチェル・ロイだったと報道。キムの親友でファッションデザイナーのレイチェルは今月5日、ビヨンセの妹ソランジュがジェイをボコる前に口論していた相手であり、ジェイはこのケンカについて余計なことを言ったためソランジュから蹴られる殴られるの暴行を受けたという説もある。世界中に恥をさらすこととなった、エレベーターの防犯カメラ映像流出からまだ1カ月もたっておらず、ビヨンセとジェイはレイチェルと同じ空間にいたくなかったため、式をドタキャンしたのだというのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング