SMAP・中居正広、『27時間テレビ』舞台裏を激白! 「マイク持てない、痛み止め飲んだ」

サイゾーウーマン / 2014年8月5日 9時0分

 7月26~27日に放送された『武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で見せた疲労困憊な姿が話題になったSMAP・中居正広。ファンの間では「ケガをしているのではないか」と心配される中での出演だったが、ラジオ番組『中居正広のSome girl’ SMAP』(ニッポン放送、8月2日放送)で、『27時間テレビ』の裏話を明かした。

 同番組の総合司会を務めたSMAPは、終盤で「45分3秒のノンストップライブ」に挑戦。41歳の中居は最初こそキレのある動きを見せていたが、不眠不休の上に野外でのライブだったこともあり、曲中でステージ上に座り込む、ステージ袖に戻るなど、つらそうな様子に。Twitterには「中居くん死にそう」「大丈夫か」と、心配の声があふれ返っていた。

 そんなSMAPは『27時間テレビ』の前日に『ミュージックステーション 真夏の最強ライブ 3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。中居がラジオで明かしたところによると、『Mステ』終了後にメンバーは「J地区」と呼ばれるお台場の特設会場でライブ本番に向けた確認を入念に行っていたという。リハーサルは本番同様に「4~5回やった」といい、その段階では声も出ていて「体力的にも全然問題ない」と、実感していたそうだが……

「『これはいけるかな~』なんて思いながら。で、体調的には、う~ん……まぁ、ちょっと前々から痛いとこがあって、本番前に痛み止めのお薬を飲んで。体力的なこともそうですけど、喉が飛んだら何も歌えないな、と思って」

と、本番前には痛み止めを服用したことに加え、喉の治療も行ったことを告白。しかし、『27時間テレビ』2日目の27日には睡眠不足ということもあったのか、呼吸を大きく吸うと胸に痛みが走り、声も出なくなってきたため、さらに本番中にも痛み止めを飲んだという。

「それで、痛みは止まったんですよ、ホントに。『あ! イケる』と思って。これならいけるって。……フタを開けてみたら、あんなんなっちゃったんですね……。自信あったんですよね。やっぱりここ1カ月、ずっとお家に帰ったら、エレベーターじゃなくて、毎日1カ月ぐらい階段をダッシュするみたいので(鍛えて)、体力的にはこれいけるだろうな~って。で、喉も飛んでないし、痛みもないからいけるな~と思ったんですけど」

と話し、本番では“キレキレ”に踊ってしまうあまり、ペース配分ができなかったことや、リハーサルとの環境の違いを疲労の理由に挙げた中居。また、ライブ中の状況について、

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング