ジャニーズ番組、日曜だけで12本! テレビ関係者が語る「ジャニーズが重宝されるワケ」

サイゾーウーマン / 2014年9月28日 9時0分

「例えば『スクール革命!』に出演し、大喜利的回答を毎回寄せるHey!Say!JUMPは、もはや共演するアンタッチャブル・山崎弘也などをも超える意外なボケセンスを見せています。『イッテQ!』の手越も、ナルシストウザキャラを爆発させながらも、最後は必ずかっこよくパフォーマンスを決める。『軍師官兵衛』の岡田も、“V6の”と呼ぶのをためらうほどの俳優に成長しました。こうして今やアイドルと言えども、本職の芸人や俳優に引けを取らないほどの実力を持っていますし、また将来性や潜在能力などを考えれば、起用したくなるのも自然なこと」(テレビ局関係者)

 また関係者によれば、当初SMAPが売り出されたとき、多くの番組スタッフは「誰だそれ?」と見向きもしなかったが、結果的にフジテレビがここまでの一大グループに成長させたことで、それ以降、各局は新しいジャニーズグループを無名の頃から大事に育てるという道筋がついたと語る。

 さらに、芸人が集まるような番組は批判の的にさらされやすいが、ジャニーズの露出に対してはそれほど言われないのも、「下ネタに食いつかないから番組が安っぽく見えない。また基本的に華があるから、必要悪と思われないのではないか」(同上)とも推測する。

 1週間の終わりに、イケメンを見たいという視聴者心理が働くのか。今後もジャニーズ帝国の繁栄は続きそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング