米倉涼子がキムタク『HERO』超え、深田恭子は今期ワースト1位! ドラマ視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年1月5日 23時2分

写真

 2014年10月にスタートした連載ドラマ(民放、午後8~10時台)が、それぞれ最終回を迎え、視聴率で断トツトップに輝いたのは、米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)だった。全11話の平均視聴率は22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、秋ドラマで唯一の平均20%台超えを果たした。

 12年に第1期が始まり、今回が第3期となった『ドクターX』。12月18日に放送された最終回の視聴率は27.4%で、SMAP・木村拓哉主演の夏ドラマ『HERO』が初回に獲得した26.5%を上回った。ドラマの視聴率が低下傾向にある中で、初回から11週連続して全話20%台という快挙を達成。主演の米倉は、同26日に一般男性との結婚を発表し、私生活に変化が訪れたことで第4期の登板はあるのか、早くも注目が集まっている。

 『ドクターX』に次ぐ平均2位の高視聴率だったのは、綾瀬はるか主演の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)。同作は、30歳で恋愛経験がない“こじらせ女子”の主人公と、9歳下でアルバイトの大学生・田之倉悠斗(福士蒼汰)との恋を描いたストーリーで、初回14.3%からスタートしたが、「田之倉ブーム」が到来し、福士効果で2~4話まで17%台を記録。以後は10話まで14~16%台を推移し、全10話の平均は16.0%。裏のドラマである沢尻エリカ主演『ファーストクラス』(フジテレビ系)を大きく突き放した。

 ベスト3位に入り込んだのは、シリーズ誕生15周年を迎えた人気作『科捜研の女』(テレビ朝日系)で、平均視聴率は12.8%。13年秋にスタートした『科捜研の女』第13シリーズは14年春までの2クール連続放送だったが、今期は1クールのみで終了。1月からは同枠で観月ありさ主演『出入禁止(デキン)の女~事件記者クロガネ~』が始まる。

 続いて、残念なことに低視聴率でワースト3位以内に入った3作品をご紹介。まずワースト3位は沢尻主演『ファーストクラス』で、平均は6.6%で終了した。4月期に午後11時台で放送された『ファースト・クラス』は、女同士の“マウンティング”(格付け)が話題を呼び、最終話では10.3%と初の2ケタを獲得。反響が大きかったことで続編の制作が決定し、終了後わずか3カ月での続編放送はフジテレビドラマ最速の記録となったが、肝心の続編は大コケしてしまった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング