1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

KAT-TUN、メンバーの涙で“充電活動”突入……熊本の田口淳之介は「元気そう」!?

サイゾーウーマン / 2016年5月4日 9時0分

 5月1日、KAT‐TUNのコンサート『KAT‐TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”』が東京ドームで最終日を迎え、グループは充電期間に突入した。赤西仁、田中聖に続いて田口淳之介が3月末でグループを去り、KAT‐TUNは亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人に。3月でCDデビュー10周年という節目を迎えたばかりだが、今後は「個々が力をつけるため」にソロ活動を展開する。

 4月3日にスタートした同ツアーは、名古屋と大阪を回り、4月29日~5月1日に東京ドームで公演を開催。1日の最後の挨拶では、中丸が“充電期間”を取ることが決定した時の心境について「どこか納得できない部分がやっぱ僕、心の中ではあった」と、率直に吐露する場面も。メンバーは解散説を否定した上で、「絶対でっかくなって戻ってくるから!」(上田)などと宣言し、中丸は号泣し、上田も涙を浮かべていたが、亀梨は笑顔で集まった5万5,000人のファンにしばしの別れを告げたという。バックダンサーやジャニーズJr.をつけず、KAT‐TUN3人だけのコンサートはファンにとっても特別な空間になったようだ。

 充電前最後だけに、多くのジャニーズ仲間が会場を訪れていた今回のコンサート。20日の大阪公演には、中丸と親交のあるNEWS・増田貴久や関西ジャニーズJr.が見学し、東京初日の29日はA.B.C‐Z・河合郁人&塚田僚一とJr.数名、30日もKis‐My‐Ft2・北山宏光&二階堂高嗣、Sexy Zone・菊池風磨&マリウス葉らが先輩の“勇姿”を見に来ていたという。

「最終日の1日は、嵐・櫻井翔やHey!Say!JUMPメンバーほか、多くのJr.が見学席で目撃されていました。また、上田は公式携帯サイト・Johnny’s webの連載『KAT‐TUN’S MANUAL』(4月24日更新)で『こ、小山はくるのかな…』『ドキドキ』と、NEWS・小山慶一郎の来場を心待ちにしている様子でしたが、小山は29日更新の『メンバー愛』でスケジュールが詰まっていることを説明し、『行くつもりでしたが、仕事で』などと公演に足を運べないことを弁解していました」(ジャニーズに詳しい記者)

 一方で、退所後の田口の動向については「週刊女性」(主婦と生活社、4月26日号)が詳報。交際中の女優・小嶺麗奈が熊本県の実家で運営しているという高齢者向けのケアハウスの手伝いを始めるため、田口も活動拠点を九州に移すと伝えていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング