R舫の母、“犬フン放置”で「非常識」と住民怒り!「政治の前にやることあるだろ」(漫画)

サイゾーウーマン / 2018年3月6日 15時0分

写真

 音や匂いなど、個々の生活における習慣が引き起こす「ご近所トラブル」。昨年8月には、騒音を発端とした刑事事件まで発生しているが、何気ない生活音が、他人にはとってはひどい“雑音”として揉め事に発展したりなどは、一般人の間でもよくあること。

 とりわけ、名が知られた有名人ともなると、“ご近所トラブル”が発生する確率はぐんと多くなってしまう様子。

 vol.1で登場したセレブモデル・Mは、「ペットの多頭飼い」による”悪臭”が近隣に迷惑を掛ける形となっていたが、ペット飼育は何かとトラブルの種になりやすいもの。女性の政治家で知られるR舫も、自宅で犬を3匹飼育していることが報じられているものの、”毎日の散歩”がちょっとした問題を引き起こしているというのだ。

 芸能人の”ご近所トラブル事件簿”を、計4回にわたりマンガでレポート!

(vol.1はこちら:セレブなのに「豚クサ臭」!? “ペット30匹”のモデルM、高級住宅街で“鼻つまみ者”)

R舫の母、非常識な「犬のフン放置」で住民激怒!?【ご近所トラブル事件簿vol.2】

【サイ女の「芸能人トラブル」バックナンバー】

まだまだある! 芸能人の「ご近所トラブル」サイゾーウーマンの人気記事をとって出し!

■小栗旬、松嶋・反町夫妻、蓮舫……有名人が起こした「ご近所トラブル」事件簿
■斉藤由貴、不倫で再注目される“モルモン教”――「芸能人と宗教」トラブル
■成宮寛貴も未練!? 金銭苦、事務所トラブルにキャラ変……「引退後に復帰」した芸能人の“明暗”

(続きは3月7日より公開)

<マンガ/くみハイム>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング