Hey!Say!JUMP、初日売り上げ1万枚減少! 過去2年で最低の13万台スタートに悲鳴

サイゾーウーマン / 2018年8月5日 9時0分

写真

 Hey!Say!JUMPのニューシングル「COSMIC☆HUMAN」が発売され、オリコンデイリーシングルランキング(7月31日付)で、初登場首位を獲得した。しかし、その売り上げは今年2月発売の前作「マエヲムケ」の初日記録から1万枚ダウンしており、JUMPファンはグループの今後に危機感を抱いているようだ。

 新曲はメンバーの伊野尾慧とA.B.C-Z・戸塚祥太が共演する深夜ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』(日本テレビ系)の主題歌。初回限定盤1と2に加えて通常盤の3種展開で、通常盤は予約先着特典として「COSMIC☆JUMPLANET ~JUMPは丸かった~ ステッカーシート(A4サイズ)」のプレゼントも実施している。初回盤2にはHey!Say!7(山田涼介・知念侑李・中島裕翔・岡本圭人)が歌い、アニメ『忍たま乱太郎』(Eテレ)のエンディングテーマである「やんちゃなヒーロー」を収録。初回盤1と通常盤もそれぞれ異なる曲が収録されている。

「発売初日は13万390枚を売り上げ、堂々の1位にランクイン。2位は『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』の挿入歌『FLY TO THE FUTURE』(QUARTET NIGHT)で、こちらは6万2,846枚だっただけに、週間ランキングでもJUMPが首位をキープするものとみられます。また、『COSMIC☆HUMAN』は2日目(8月1日付)に4万6,972枚が加算され、2日間で17万7,362枚を記録。とはいえ、前作『マエヲムケ』は初日に14万568枚を稼いだ後、翌日に5万4,100枚を売り上げ、2日間で19万4,668枚と、20万目前に到達していました。初日だけでなく2日目までのデータを見ても、およそ1.7万枚も減少していることになるんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 さらに新曲「COSMIC☆HUMAN」は、昨年発売のシングル「OVER THE TOP」(2月発売、約14.7万枚)や、「Precious Girl / Are You There?」(7月発売、約14.3万枚)「White Love」(12月発売、約16.7万枚)の初日記録にも敗北。そらにさかのぼると、2016年のデイリー売り上げは「真剣SUNSHINE」(5月発売、14.5万枚)「Fantastic Time」(10月発売、15.4万枚)「Give Me Love」(12月発売、13.5万枚)といった具合で、過去2年間で最も低い13.5万枚のスタートをも下回っている。近年では、15年10月発売の「キミアトラクション」(11.8万枚)に次ぐ出足の悪さだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング