伊藤綾子、いまや女子アナの「希望の星」!? 羨望のまなざし受ける嵐・二宮との“可能性”

サイゾーウーマン / 2018年8月10日 11時45分

写真

 嵐・二宮和也との真剣交際が、いよいよ決定的となった伊藤綾子アナウンサー。発覚当初は、自身のSNSに投稿した数々の“交際匂わせ”が大問題となり、ファンだけでなくジャニーズ事務所からも目をつけられていたが、最新の「週刊文春」(文藝春秋)報道では、2人の“婚前海外旅行”まで伝えられ、いよいよ結婚も時間の問題となっているようだ。そして、一部の層はそんな伊藤に対して、「羨望のまなざし」を向けるようになっている。

「地方局の女子アナは、誰もが『いずれはフリーになって東京へ』という夢を抱いています。そしてその後は、トップアスリートや経営者と玉の輿婚、が王道ですが、もともと限られたパイ、競争率の問題もあって、ここまでたどり着けるのはごくわずか。それだけに、伊藤さんのシンデレラストーリーが成就することは、私たちからすれば大きな希望になるんです」

 こう語るのは、伊藤の後輩にあたる30代半ばのフリー女子アナ。二宮との交際発覚当初こそ、女子アナ仲間たちと「バカだね~」と皮肉っていたというが、今では完全に“応援モード”になっているのだとか。

「伊藤さんが秋田放送を辞めたのは、フリー後に出演し始めた『NNN Newsリアルタイム』(日本テレビ系)の男性プロデューサーから、直々に『秋田放送を辞めてうちに来い』とオファーを受けたからと聞いています。セント(フォース)に所属したのも、そのプロデューサーの計らいだったそうで、『あいつマクラでもしたんじゃない?』と思いましたよ。私みたいに、すべてを捨てる覚悟で上京した身からすれば、やっかみの対象でしかないです」(同・フリー女子アナ)

 匂わせの炎上後も、ファンからのバッシング、果ては『news every.』の降板と、伊藤が転がり落ちるさまを笑っていたというが、今年4月に「女性セブン」(小学館)が交際継続を伝えると、やや見方が変わっていったという。

「あれだけバッシングされて、それでも続けるってことは、伊藤さんも二宮さんも本気ってことじゃないですか。セントを辞めたのも、退路を断って二宮さんと添い遂げる道に“賭けた”って話で。あれだけキレイで仕事もできるんだから、なんとなく女子アナやりながら、社長なりなんなりと結婚するっていう、手堅い将来もあったはずなのに」(地方局のアラサー女子アナ)

 ここ数カ月ほどで、女子アナたちが一斉に、2人の交際を応援するようになっていったようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング