タッキー&翼解散、ファンは「2人の姿を最後に見せて」! ジャニー氏はJr.舞台鑑賞の近況

サイゾーウーマン / 2018年9月14日 8時0分

写真

 9月13日未明、突然の解散を発表したタッキー&翼の滝沢秀明、今井翼。ファンクラブ会員に向けたメッセージでは、滝沢が年内で芸能活動を辞め、今井もジャニーズ事務所を退所して病気療養に専念すると発表した。ユニットはすでに10日付で解散していたことも明らかになり、2人揃った姿が見られないことに、ファンは行き場のない思いを抱えているようだ。

 タッキー&翼は2002年9月11日にアルバム『Hatachi』でCDデビュー。昨年9月、それぞれの「スキルアップを目指す」として、活動を休止すると宣言し、同18日放送の『ミュージックステーションウルトラFES』(テレビ朝日系)の出演を最後にソロ活動をスタートさせた。今年は16周年の節目を迎え、SNS上ではファンの祝福の声が飛び交ったばかりだが、急転直下の“悲報”に、タキツバファンはもちろん、ジャニーズファンにも衝撃が走っている。

「今井は今年3月に以前患ったメニエール病が再発し、現在も療養中の身。今後は病気が克服できるよう、『自分の身体としっかり向き合う』と、ファンに報告しました。一方、滝沢はジャニー喜多川社長の意思を継ぎ、表舞台から退いてタレント育成やプロデュースに専念すると決意。タキツバは10日をもって解散しているばかりか、滝沢も年内いっぱいで引退し、裏方に徹してしまうと判明しただけに、ファンの悲しみは計り知れません」(ジャニーズに詳しい記者)

 2人はスポーツ紙6紙の取材に応じ、決断に至る胸中を語っているが、13日付の「サンケイスポーツ」などによれば、「この日の取材は写真撮影はできなかった」という。ファンクラブのメッセージ欄には直筆サインこそあるものの、滝沢&今井の近影は公開されておらず、前述の『ミュージックステーションウルトラFES』がタキツバにとって“最後のツーショット”となり、ファンはショックを受けている。

 ネット上では「ファンは置いてけぼり、つらいよ……」「マスコミ向けに会見したそうだけど、ファンにも2人揃った姿を一目でも見せてほしかった。直接言ってほしかったよ」「休止も解散も引退も、本人の口からなにも聞いてない。サインだけ書いてある紙面を直接の言葉だと思えって、あまりに乱暴じゃないのかな」「9月10日に解散ってことは16周年迎えてなかったんだね……そんなひどいことってある? ファンへの恩返しは何もしてくれないの? ずっと待ってたんだよ」「ファンクラブ会費とってるなら、最後2人揃った会報を出してほしい。タッキー、裏方に回るなら、二度と私たちのような悲しい思いはさせないで」と、悲痛な叫びが続出している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング