ジャニーズ、握手会は「嫌で嫌でしょうがない」と重鎮失言! 咄嗟の弁明も動揺あらわ

サイゾーウーマン / 2019年2月28日 8時0分

写真

 AKB48グループをはじめとする多くのアイドルグループが行う、CDリリース時の握手会イベント。一方でジャニーズアーティストは、商品に応募券を封入し、当選したファンをイベントに招待する例はあるものの、購入者が直接タレントと触れ合える機会は滅多にないパターンだ。ジャニーズの重鎮・近藤真彦も、こうした数少ないファンサービスを行った一人であり、ラジオ番組『近藤真彦くるくるマッチ箱!』(文化放送、2月26日放送)では、握手・サイン会に対する本音を打ち明けた。

 この日は、近藤の楽曲にまつわる思い出を取り上げる「マッチリクエスト」コーナーにて、2010年に行われた『近藤真彦 30周年記念 あの街この街マッチとデート 想い出ツアー』に参加したファンからのお便りを紹介。リスナーは全国ツアー初日となる岐阜公演を見に行き、「CD購入者にはあとから特典がある」とのお知らせを目にするも、「ポストカードか何かだろう」と考え、当時の新曲「ざんばら」(10年2月発売)を買わなかったとか。

 ところがその後、CD購入特典は「握手と、CDにサインするというシークレットサプライズ」だと判明。「都会じゃない田舎の小さなホールで何百人にサインすることに決めたマッチのファン思いと、そのチャンスを逃したことを思い出しつつ……」などと、悔しさの残るエピソードを綴っていた。

 これを受け、近藤は「覚えてる、これ。あった、あった」と回顧し、「嫌で嫌でしょうがなかったんだ、俺。ホントにそう。嫌でしょうがなくて。でも、まぁやったんだよ」と、笑いながら告白。さらには、「要するに、これを全国で(コンサートが)終わった後、握手をして。まぁ、久し振りのコンサートだし、全国ツアーだったから『やろう』って話になったけど、『それは無理だ』っつったの」「でも、ここの岐阜はもうスタートしちゃったから。終わってから『どうしてもやってくれ』って言われて。もう、本当嫌だったの、俺。疲れちゃってて。でもまぁ、やらせていただきましたよ」と、悪びれる様子もなくぶっちゃけた。

 スタッフサイドは次の会場においても「やる」と判断したそうだが、「それはもう無理だ」と突っぱねたといい、

「『じゃあ、次からどうするか』って言って、俺は『お買い上げいただくCDに、とにかく全部サインする』と。だから、コンサート会場入ったら、たぶん500枚ぐらいいつもサインしてたよね、俺。まずそれが仕事だったから。その代わり、握手は免れて。(中略)大変なんだもん。コンサート終わってから握手会は、やっぱりさ。いや、10代、20代の頃はいいよ。でもやっぱりさ、もう40(代)後半でしょ? この頃は。コンサート終わったらさ、体力も失っちゃってるから、(お酒を)飲み行きたいっつーの!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング