「女性を意図的に落選」「ジャニーズ異例の案内」コンサート発表で波紋呼んだ歌手

サイゾーウーマン / 2019年5月11日 15時0分

写真

 5月18日に予定されているNGT48・山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈の卒業公演が、“3人だけ”で行われると発表された。通常、48グループの卒業公演には、これまで一緒に活動してきたメンバーが“見送る側”として出演しているため、ネット上では「なんで3人なの?」「最後までイジメみたい」と、物議を醸している。

「事の発端は今年1月、山口が昨年12月にファンとみられる複数の男性から『暴行を受けた』と告発したことです。山口はさらに、NGT48の一部メンバーがこの男性らと“つながり”を持っている可能性を示唆し、ファンに衝撃を与えました。これを受け、グループを運営する株式会社AKSは第三者委員会を設置するなどしたものの、『メンバーが私的領域におけるファンとのつながりがあった』としながら、『今回の事件とは直接関係はありません』『風紀の乱れ全般は、今回は不問』と報告。結局、4月21日には被害者である山口や、彼女に『寄り添ってくれた』という菅原&長谷川のグループ卒業が発表されました」(芸能ライター)

 5月6日に山口らが参加する最後の握手会が終了した後、公式サイト上で“3人だけ”の卒業公演が発表されると、「運営の嫌がらせとしか思えない。やっぱり卒業じゃなくて、追い出したのでは?」「ここまでわかりやすいイジメができるなんて、AKSはとことん世間に嫌われに行くんだな」などと批判が続出し、ネット上は炎上状態だ。

「『3人がかわいそう』と同情する声もありますが、『加害者とつながったメンバーがいるかもしれないなら、3人だけで公演したほうが安心』『まほほんのファンとしては、3人だけで公演をやってくれた方がいい』『他メンバーのことは見たくない。3人だけの公演にしたのは正解』といった意見も寄せられ、賛否両論が巻き起こっています」(同)

 つい最近、コンサート開催の発表内容が波紋を呼んだアーティストといえば、ロックバンド・UVERworldだ。

「彼らは4月11日に行ったトークイベントで、12月に東京ドームで男性限定ライブ『男祭り』を開催することを発表。物議を醸す原因となったのは、このトークイベント参加の応募方法でした。運営側は、男女関係なくファンクラブ会員全員から応募を受け付けていたものの、イベントで『男祭り』をサプライズ発表するために、実は当選者が男性に限られていたのです。つまり、トークイベントは最初から“男性限定”だったにもかかわらず、運営側はそれを隠して募集をかけ、意図的に女性を落選させたというわけです」(レコード会社関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング