AAA・日高光啓、ベッド動画の“炎上商法”でCD売り上げ80%減! 関係者は呆れ顔

サイゾーウーマン / 2019年9月12日 11時57分

写真

 AAA・日高光啓がソロ名義の「SKY-HI」で、ラッパー・SALUとのコラボレーションアルバム第2弾『Say Hello to My Minions 2』を9月4日に発売し、オリコンウィークリーチャートで初登場23位を記録した。プロモーションのために行った“炎上商法”が、あらぬ方向へと“延焼”した日高だったが、この結果に、レコード会社関係者は「ただイメージを悪くしただけだった」と呆れているという。

 8月13日、日高は自身のインスタグラムのストーリー機能に、“ベッド動画”を投稿し、すぐに削除。同15日に自身のTwitterで、同アルバムの収録曲「Goodbye To The System」MV本編のスピンオフで、プロモーションの一環であると説明したものの、思わぬ方向に波紋を広げていくことになる。

「この宣伝方法は一部ファンの間で物議を醸しましたが、それよりも注目を集めたのは、地下アイドルグループ『ヲルタナティブ』の元メンバー・月乃のあとみられるTwitterのアカウントが、日高の動画投稿に反応したかのようなタイミングで、彼との肉体関係を匂わせる“暴露”ツイートをしたことです。そのアカウントは、日高と思われる相手に送ったLINEのスクリーンショットを公開し、『わたしなんてただのセフレに過ぎなかった』などと投稿。その後、日高の“ベッド動画”がプロモーションだと気付いたのか、『身体の関係は一切ありません』などと発言を撤回し、アカウントを削除したものの、一部ファンからは、月乃が未成年のため『事実であれば未成年淫行になるのでは?』と指摘する声が相次ぎました」(前出・レコード関係者)

 16日には、日高が自身のブログであらためて“炎上商法”について説明し、「そこに紐付いて出回った物で、事実関係が無い炎上もあったのですが、事実では無いです」と、暗に月乃との関係を否定した。

「“プロモーション”に力を注いだものの、同アルバムは初週の推定売り上げ枚数が2,184枚で、初週に1万72枚を売り上げた前作のオリジナルアルバム『JAPRISON』よりも、約“80%減”での発進になりました。今回の騒動でファン離れが進んでしまったのかもしれませんね。この落ち込みようには、関係者も頭を抱えているようです」(同)

 AAAは今年4月、リーダーの浦田直也が暴行事件を起こして謹慎中となっているほか、8月には西島隆弘が声帯ポリープの切除手術を受けていたことを明かし、現在は療養しているという。

「残りのメンバーは、本格的にグループ活動を再開できるようになるまで、個々の仕事に専念すべき時でしょう。日高も新アルバムの発売初日から、SALUとともにライブハウスツアー『Say Goodbye to the System -Supported by G‐SHOCK-』をスタート。しかし、今月29日から予定していたアジアツアーに関しては、『入国手続きや公演を行う際の必要書類等に不備』があったとして、中止が発表されました。その上、肝心のアルバムも売れていないとなると、日高の胸中も穏やかではないはずです」(スポーツ紙記者)

 一部ファンや業界関係者を困惑させた日高の炎上商法。現状を見るに、ただネガティブな印象を植え付けただけのようだ。これ以上AAAに悪影響を及ぼさないよう、各メンバーは気を引き締めてソロ活動を行っていくべきなのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング