SixTONESとSnow Man、相次ぐ“失言”に「ジャニーズひどい」「アーティストを冒涜」と批判集まる

サイゾーウーマン / 2019年9月15日 10時0分

写真

 舞台『少年たち To be!』(東京・日生劇場、9月7日~28日)に出演中の、人気のジャニーズJr.内ユニット・SixTONESとSnow Man。先日のステージで行われた、一部メンバーによる“客席イジリ”が波紋を呼んでいる。舞台のレポートが瞬く間に広まった結果、Jr.ファン以外からも大顰しゅくを買ってしまったという。

 過去、デビュー前のKis-My-Ft2、A.B.C-Zらがメインキャストを務めた『少年たち』シリーズ。企画・構成・総合演出はジャニー喜多川社長が手掛けてきたが、今年7月9日に亡くなったことを受け、今作はジャニーズアイランド・滝沢秀明社長が演出プランを受け継いだとか。SixTONES、Snow Manによる『少年たち』は5年目となったが、2020年の同時CDデビューが決まっている彼らの出演は、今年で最後とみられている。

 そんな中、9月9日昼公演でのある1シーンが話題に。メンバーがお爺さん姿に扮装したシーンにおいて、Snow Man・深澤辰哉が「徳を積むのが大事」「徳とはコンサートや舞台で最前列に入れること」と言うと、SixTONES・松村北斗は「後ろの人は徳を積まなかった奴ら」などとブラックジョークを交え、後列を杖で指し示していたそうだ。当該部分のレポートがネットに上がると、“まとめサイト”の一種が概要を掲載。これを受け、大勢のジャニーズファンが「デビュー発表して調子に乗った?」「『徳を積んでない』って言ってる後列の中にも、北斗にお金払ってる人いるのに可哀想」「あなたたちの先輩は、『後ろのみんなありがとう! 見えてるよー』って叫んで、お客さんに感謝してる」と、激怒してしまった。

 事態を知ったネットユーザーの間でも「後ろでも前でも、同一の金額を払って見てくれるファンのおかげで公演できてるのわかってないの?」「SixTONESは勘違いしすぎ。最近のジャニーズひどくない?」「滝沢は教育ができてない」などと呆れた声が続出。主に松村への批判が飛び交った。

「実際に舞台を見たファンのレポートによれば、この発言で客席に笑いや拍手が起こっていたようで、張り詰めた空気ではなかったそうです。さらに同日の夜公演で、松村は『金積まないで徳積めよ』とも述べていたとか。要は、ネット上の売買サイトなどで前列のチケットが高値で転売されていることに苦言を呈したのではないかと理解するファンも。『北斗の「徳積まなかった」発言、ただのギャグ』『「金を積まないで徳を積め」はド正論』『北斗が言ったのは、高額なチケットを買わないようにっていう牽制かな』と、松村を擁護する意見もありました」(ジャニーズに詳しい記者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング