錦戸亮、退所迫る……関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWSを辞めた元ジャニーズ6人の今

サイゾーウーマン / 2019年9月19日 8時30分

 かたや赤西は、2017年に主宰レーベル「Go Good Records」と、ユニバーサルミュージックの業務提携が成立。今年8月に5周年の集大成となるDVDブック『JIN AKANISHI 5th ANNIVERSARY BEST LIVE DVD BOOK』を発売したほか、9月21日に台湾で『JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film』を上映するなど、国内だけに限らず海外にも多くのファンを抱えている。

 最近は、Twitter上でさまざまな話題に斬り込む機会が増え、7月に公正取引委員会が「新しい地図」の3人(稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾)のテレビ出演をめぐって、ジャニーズ事務所に「注意」したとされる一件についても言及。ニュース記事を引用リツイートする形で「こうゆうのが蔓延ってるから日本のエンタメがどんどんつまらなくなっていくの」「”圧力をかけている“という風に見えないように忖度を自主的にさせるように仕向けてたとしても、ちゃんと独禁法にひっかかるのだろうか?」と、疑問を投げかけた。以降も自身のプライベートに関する報道に物申したほか、9月7日に「一部の報道がなんか雑すぎてファンに失礼だな」とツイート。ファンからは「仁くんの言葉が真実だよね」「私たちのことを思ってくれてありがとう」と、感謝の声が多く寄せられた。

 一方、同じく元KAT-TUN・田中聖も精力的に活動中。退所後の17年に渋谷区の路上で大麻を所持していたとして、現行犯逮捕されたが(後に不起訴処分)、事件の余波はさほどなく、今もなお多数のライブに参加。また、10月2日にミニアルバム『LOUDER』をリリースし、同5日よりツアーがスタート。10月14日の公演(千葉LOOK)は、ロンドンブーツ1号2号・田村淳がボーカル(haderu)を務めるビジュアル系バンド・jealkbのゲスト出演が決まっている。9月15日付のブログでは、大麻騒動について指しているのか、「ボーカルであるhaderuさんのお兄さんにはとてつもなくご迷惑をおかけしました にも関わらずこうやってツアーをやるってなった時に快くオーケーしてくれて ホントにホントに感謝しかありません!」と、共演の喜びを綴っていた。

「実の弟・SixTONESの田中樹は2020年にCDデビューを控えています。スキャンダルはあってもジャニーズサイドとの関係は良好なのか、聖は9月4日に東京ドームで執り行なわれたジャニー喜多川社長のお別れ会にも参列していました。しかし、5月に交際相手の小嶺麗奈とともに大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された元KAT-TUN・田口淳之介は、お別れ会には姿を見せず。東京地裁が7月30日に指定した判決期日は取り消しとなり、判決は延期になっている状態。そんな中、ファンの書き込みによれば、田口は8月下旬にファンクラブページの再開を告知し、歌やダンスを続けていく決意を示したとか。9月に入ってからも定期的にメッセージや写真を更新しているといい、ファンはTwitter上で『顔見せてくれてありがとう』『じゅんのの姿が見られてうれしい』と、歓喜しています」(同)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング