「子どもにブチ切れ」「一般人と言い合い」電車内でのトラブルを明かし波紋を呼んだ有名人

サイゾーウーマン / 2019年9月22日 15時0分

写真

 お笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎の妻でタレントの小林礼奈が、9月14日に「電車内でのトラブル」と題したブログを更新。迷惑をかけてしまった“お婆さん”から「(子どもの)しつけがなってない」と激怒されたそうで、ネットユーザーの間で物議を醸した。

「小林は2016年9月、瀧上との間に第1子女児を出産。今回トラブルが勃発した時は、自身と娘、その友達親子と一緒に電車に乗っていたそうです。『ママは座らず、子供だけ2人並ばせて座らせていました』という状況で、小林ははしゃぐ娘たちに『静かにして』と、ちょくちょく注意もしていたとか。そんな中、娘たちの隣に“お婆さん”が座ったところ、『ママ友の子供の足がお婆さんに当たってしまいました』と接触があったといいます」(芸能ライター)

 「『ごめんなさい!』と謝ると、お婆さんも、ニコッと頭を下げていました」とのことで、何事も起こらなかったのかと思いきや、お婆さんは下車する時になって「しつけがなってないんだよ!!!こっちは足が当たったんだよ!!」と、「子供達に ブチ切れて」きたそう。小林は「子供達が悪いのはわかっていますが私達もずっと注意していてちゃんと謝っていたので 私も言い返してしまいました」と報告し、「注意する以外に 電車で私たちが出来る事はありません」「子供連ればかり、肩身の狭い思いしてヘコヘコして謝り続けなきゃいけない風習…違和感です」などとつづっていた。

「ネット上には『お婆さんの豹変ぶりが怖すぎ』と衝撃を受ける声もあったが、一方で『注意してたのに足が当たったということは、全然注意になってなかったのでは?』『実は何回も足が当たってたのかもよ。もしそうだとしたら、お婆さんがイラつく気持ちもちょっとわかる』といった指摘も。また、『ママ友の子の足が当たったのなら、小林まで言い返さなくてもよかったんじゃない?』『これをすぐブログのネタにしてるところを見るに、反省してなさそうなんだよなあ』とも言われていました」(同)

 このように、電車内でのトラブルを告白し、ネット上で波紋を呼んだ有名人はほかにも。NHK出身で、現在はフリーで活動している住吉美紀アナウンサーは、17年放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際、乗車客と揉めたことを告白していたが……。

「住吉アナは、自身が電車で足を組んで座っていたところ、目の前に立った女性が『何も言わずに、カーン!』と、いきなり足を蹴ってきたと説明。その相手から『普通、電車で足、組まないですよね』と注意され、住吉アナは『はぁ!? でも、(普通は)蹴らないですよね?』『言ってくださればよかった』などと反論し、言い合いになったそうです。最終的には相手が先に謝罪したことで、住吉アナも謝ったとか。足を組んでいたとはいえ、『邪魔になるほど前方に突き出していたわけではない』と主張する住吉アナに対し、番組MCの明石家さんまは『住吉さんが思ってるよりは、(足が)前に出てたんやって』と推察し、たしなめていました」(マスコミ関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング