木村拓哉、アルバム発売決定でファン戦々恐々――「嫁と娘は関わらないで!」と悲鳴

サイゾーウーマン / 2019年10月2日 8時0分

 現時点で、工藤やKoki,の関与は明らかになっていないが、ネット上のファンは「家族による作詞作曲、コーラスとかやめて」「アルバムジャケットのデザインなんてしないでね」「あちらさんが参加となると、購買意欲が削がれる」「木村拓哉が好きなのであって、その嫁と娘が好きなわけではない。関わらないで」「芸能人・木村拓哉の仕事に家族はいらない」と、早くも作品に懸念を抱いている。

木村家の家族動向には良くも悪くも強い関心が寄せられているが、最近はSNSに投稿した写真が被ったことも一部で話題に。工藤は9月25日のインスタグラムに「今年もお彼岸に、花が咲きました」と、自宅で撮影したとみられる写真をアップ。すると28日、木村も中国版Twitter「Weibo(微博)」に「こんなにきれいな彼岸花が満開」といった意味の中国語とともに、絵画に見えるほど幻想的な雰囲気を醸す彼岸花の画像を投稿した。写真は別物だとしても、モデルの彼岸花は同じである確率が高いだろう。

「工藤、Koki,、木村それぞれがSNSで私生活や家族に関連する写真やエピソードなどを投稿する機会が多くなっています。Koki,は昨年11月13日の木村の誕生日に、父と思しきシルエットの写真をインスタグラムに載せ、『お誕生日おめでとう! ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった 沢山の愛を込めて』と、祝福。さらに、工藤が49歳の誕生日を迎えた今年4月には、木村がWeiboで『happy birthday 拓哉』と、発信。名前こそ書いていませんが、タイミング的に工藤へのメッセージだと話題になり、木村ファンは『家庭を見せない拓哉のことをプロだなと尊敬してたけど、これはもう無理』『嫁に直接言え! わざわざWeiboで言う必要ある?』と、憤怒していました。こういったSNSを通じた“家族アピール”の前例があるからこそ、ファンはアルバムにも工藤やKoki,が絡んでくるのではないかと、不安に感じているのかもしれませんね」(同)

 SMAP時代から応援するファンの多くは、家族丸ごとではなく、あくまで木村個人を支持したいという気持ちなのだろう。果たして、ファンが恐れている事態はやって来てしまうのか、今後の動向に注目が集まる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング