Aマッソ“差別発言”、お笑い業界の「深刻な問題」――太田光&AERAの“擁護”も炎上

サイゾーウーマン / 2019年10月5日 10時0分

写真

 お笑いコンビ、Aマッソがイベントの中で、テニス選手・大坂なおみに必要なものは「漂白剤を」と発言したことで起こった騒動は、ネットの炎上だけにとどまらなかった。イギリスの大手メディアBBCも報じたことから、海外にも広く伝わった。

 この騒動を「起こるべくして起きた」という意見がある。つまり、闇営業問題と同じくお笑い業界の構造が原因という声が、メディアやお笑い関係者から聞こえてくるのだ。なぜ、彼女たちはこのような不祥事を起こしたのか。

 バラエティ番組で長年仕事をしてきた中堅の放送作家が言う。

「何が問題かというと、Aマッソに芸がない点です。『漂白剤』という返しは、大喜利にもなってない。だから単なる差別発言になっちゃったんです。芸人ならば、客が思いもつかないようなことを言って笑わせるべきでしょう。結局、女芸人は“容姿ネタ”だけで笑いが取れる土壌があるから、こういう事件は起きたんですよ」 

 女性の容姿をあれこれ言うのは、男芸人ではやりにくい。だが、女芸人が言う分には視聴者に受け入れられる場合もあるだろう。つまり、そこには、女芸人への「甘やかし」の構造があったということだろうか。

「女性コンビが少ない中、Aマッソは『M-1』で準決勝に2回進出しており、『女にしては実力がある』とテレビにも出られてきました。男性コンビなら準決勝に出ただけでは、さほど注目されませんよ。かつ、男性ファンやサブカル界隈のオジサン、一部のオジサン芸人や関係者たちからは『女芸人にしてはかわいい』といわれていて、アイドル扱いされてるように見えました。加納(愛子)さんは普段から尖ってるんですが、その態度に『生意気な女の子っていいよね』と萌えてるオジサンたちがいます」(同放送作家)

 また、事務所側の問題を指摘する声もある。報道関係者は言う。

「闇営業問題で謹慎になったザブングルとAマッソは、同じマネジャーなんです。優しい印象の人なので、タレントに指導することができていなかったのではと思いました。今年の『M-1』にAマッソが出ないことが話題になっていましたが、本人たちの意向はともかく事務所からのプレッシャーでやむなく出場する芸人も多いんです。そんな中、Aマッソが出場しないのは、事務所のコントロールが利かなくなっているようにも思えます」

 一方で、今回の騒動に関して、「Aマッソはほとぼりが冷めたら復活するのではないか」という意見がいくつも聞かれた。実際にAマッソを擁護する芸人やお笑い関係者も出てきている。爆笑問題の太田光は「彼女たちに差別意識はないとわかってあげてほしい」とラジオで発言した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング