SixTONES&Snow Man、ジャニーズ人気投票に異例“不参加”――「ボロ負けするから?」の声

サイゾーウーマン / 2019年10月13日 8時0分

写真

 2020年の同時CDデビューが決定しているジャニーズJr.内ユニット・SixTONESとSnow Man。10月21日発売のアイドル誌「Myojo」2019年12月号(集英社)では、初めて通常サイズで表紙違いの「SixTONES表紙版」「Snow Man表紙版」の刊行が決定し、大きな話題になっている。そんな中、同号から応募受け付けが始まる読者投票の「恋人にしたいJr.」ランキングは、2グループが“対象外”となることが判明。Jr.ファンの間でさまざまな意見が飛び交っている。

 毎年恒例の「あなたが選ぶ Jr.大賞」は、1995年にスタート。「友だちにしたい」「いちばん美形」「いちばんおもしろい」といった各部門について、読者が当てはまる人に投票するもので、中でも目玉なのが「恋人にしたいJr.」だ。順位にはJr.の人気が反映され、第1回は森田剛&三宅健(V6)が受賞している。以降は滝沢秀明、相葉雅紀(嵐)、山下智久、亀梨和也(KAT‐TUN)、山田涼介(Hey!Say!JUMP)、橋本良亮(A.B.C-Z)、中島健人(Sexy Zone)らがJr.時代に首位についており、“CDデビューへの登竜門”的な位置づけでもある。そのため、ファンはイチオシのタレントに力を注ぐなど、これまで激戦を繰り広げてきた。

「2014年から18年は岩橋玄樹(King&Prince)が前人未到の5連覇を果たし、18年5月にCDデビューしました。キンプリメンバーにとって最後の年となった第24回は、首位の岩橋に続いて永瀬廉、平野紫耀、岸優太が4位までにランクイン。残る神宮寺勇太は10位、高橋海人が12位で20位以内に6人全員が入り、堂々のデビューとなったわけです。今年2月発表の第25回は、関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子の西畑大吾がトップで、同1月にSnow Manへの加入が明らかになった向井康二は2位に。10位以内に名を連ねたのは美 少年(浮所飛貴・那須雄登・佐藤龍我)、HiHi Jets(高橋優斗・井上瑞稀)、SixTONES(松村北斗)、7 MEN 侍(中村嶺亜)でした」(ジャニーズに詳しい記者)

 そして、今年8月8日の『ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~』にて、SixTONESとSnow Manが2020年の同時デビューを報告。例年、「Jr.大賞」の投票は12月初旬が締め切りとなっているだけに、デビュー前ラストの機会になると、2組のファンは覚悟をして臨むつもりだったようだ。ところが、次の第26回に関して、「Myojo」の公式Twitterが10月11日に「12月号から投票が始まる第26回・Jr.大賞ですが、2020年のデビューが決まったSixTONESとSnow Manは対象にはいたしません」とのお知らせを投稿。それに代わり、ランクインを目指す68名が選挙演説で投票をアピールする「Jr.大賞への道」企画の中で、両グループのメンバーが「Jr.大賞」の思い出を語っているほか、順位の予想をしているという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング