工藤静香、夫・木村拓哉のバラエティ出演に口出し!? 「静香NG」でポシャッた番組も?

サイゾーウーマン / 2020年1月22日 11時45分

写真

 SMAP解散後、ドラマや映画の宣伝を兼ねたバラエティ番組への出演が増えている木村拓哉。今年はアルバム『Go with the Flow』(1月8日発売)のリリースに伴うソロツアーも来月に控えており、この調子ではさらにテレビ露出が増加するものとみられるが、そのさじ加減は「妻の工藤静香が見極めている」という。

 昨年は、正月映画『マスカレード・ホテル』、秋ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)、また今年に入ってからは、1月4日・5日に二夜連続で放送された特別ドラマ『教場』(フジテレビ系)と、主演作が続いている木村。同時に、番宣のためのバラエティ露出も増え、昨年1月には、『ニンゲン観察!モニタリング☆超豪華芸能人大集合!新春3時間SP!!』(TBS系)の中でドッキリを仕掛けられ、その内容が大きな話題になった。

「『マスカレード・ホテル』で共演した勝地涼から『役者を辞めようと思っている』との相談を受けるというドッキリを仕掛けられたのですが、木村は『自分だって言われるもん。何やったってキムタクだって』と、役者として抱える不安を打ち明け、視聴者の間で『後輩思いな一面が知れた』などと大評判を呼びました」(芸能ライター)

 また木村は、同10月放送の『櫻井・有吉THE夜会』(同)で、嵐・櫻井翔とバラエティ初共演を果たし、今年1月3日の『VS嵐2020 賀正 新春豪華3時間スペシャル』(フジテレビ系)にも登場した。

「かつてSMAPは、チーフマネジャー・飯島三智氏の管轄下にあったため、藤島ジュリー景子氏が担当する嵐との共演がほぼ不可能でした。また飯島氏は、木村のクールなイメージを保つため、番宣でのバラエティ出演をさせなかったと言われいますが、飯島氏がジャニーズを去り、SMAPが解散した今、そうした縛りが撤廃され、これまでに例を見ないような番組や企画への出演が可能となったのです」(同)

 現在では、木村自身の裁量でオファーを受けるか否か、判別できるようになった……と思いきや、水面下では、妻・工藤静香がチェックの目を光らせているようだ。

「SMAPの分裂騒動時、木村がジャニーズからの独立を翻したのは工藤の“進言”があったとされ、これさえなければ、今でも5人は一緒に活動していたと言われています。工藤は現在でも、木村の仕事に口を出しているようで、出演予定だった番組に“工藤NG”が入ったため、ポシャってしまったものが複数あったとか。工藤といえば、モデル活動をしている次女のKoki,の撮影現場に付き添うなど、すっかりステージママと化していますが、加えて、夫である木村の仕事に関しても、プロデュースの一端を担っているようです。木村の出演番組のラインナップをチェックすると、工藤が夫にどんなイメージ戦略を練っているのか、見えてくるのかもしれませんね」(ジャニーズに近い関係者)

 実際、前述の『モニタリング』出演や嵐との共演は世間の注目を集めたが、工藤のジャッジは夫の活動に良い影響をもたらし続けるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング