ジャニーズ事務所、ライブ無料動画配信に「スゴすぎ!」「ジャニーさんが生きてる」と絶賛続出

サイゾーウーマン / 2020年3月31日 8時0分

写真

 3月29日から31日にかけて、ジャニーズ事務所が公式YouTubeチャンネルで『Johnny's World Happy LIVE with YOU』という動画を配信した。新型コロナウイルス感染予防活動の一環とし配され、Sexy Zone、SixTONESらがステージでパフォーマンスを披露。“ジャニーズらしさ”があふれた映像を視聴したファンからは、絶賛の声が上がっている。

 29日午後4時にスタートした配信の第1弾は、Sexy Zoneと、ジャニーズJr.内ユニット・HiHi Jets、SixTONESがメインで登場。ライブ会場は神奈川県・横浜アリーナとみられ、“無観客”ながら客席には電飾を配置していたのか、実際のコンサートと遜色ない空間を作り上げたようだ。同日午後8時スタートの配信回は関ジャニ∞、ジャニーズWEST、関西Jr.内ユニット・なにわ男子が出演し、30日は山下智久、Kis-My-Ft2、Hey!Say!JUMP、Jr.内ユニット・Travis Japan、KAT-TUN、A.B.C-Z、King&Princeが登壇した。

「会場となった横アリは、NEWSとSnow Manがそれぞれコンサートを行う予定で抑えていたのを活用したのでしょう。それぞれのステージの合間にはオリジナルソング『Wash Your Hands』やマスク作りの映像も公開し、感染予防を呼びかける一幕も。『Wash Your Hands』は作曲・馬飼野康二氏、作詞は松井五郎氏が手がけた“手洗い”推奨ソングで、振り付けはジャニーズ所属の屋良朝幸が担当。馬飼野氏&松井氏は光GENJIの名曲『勇気100%』の作詞・作曲コンビで知られ、視聴者の間では『手洗いソングが頭から離れない』と、覚えやすい歌詞やメロディーも話題になっています。また、曲の最後にはピンクの文字で『詳しい感染予防対策は厚生労働省のHPで確認してね!!』とのメッセージが表示されますが、さほど堅苦しい雰囲気が出ないようにという配慮なのか、ややファンシーな映像になっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 ジャニーズタレントが出演する舞台やコンサートの中止や延期が続いている中で行われた動画配信には、大勢のファンが感激。ジャニー喜多川前社長が大事にしていた言葉でもある「Show must go on」(何があってもショーは続けなければならない)の精神を感じると、ネット上では「ジャニーさんが大切にしていたものは、事務所に残ってるんだなと感じた」「配信を見て、ジャニーさんはまだ生きてるな……って思った」「無観客コンサートに加えて、手洗い歌とかオリジナルマスク作りコーナーを挟み込んでいて、ジャニーズの強さを感じた。ジャニーさんの魂が生きているみたい」と、興奮気味の書き込みが相次いだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング