片岡愛之助&藤原紀香「略奪疑惑で批判」小倉優子「出産後の意味深コメント」“再婚”が話題を呼んだ芸能人

サイゾーウーマン / 2020年9月14日 12時5分

 昨年末に元タレントの木下優樹菜と離婚した、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が9月2日放送のバラエティ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演し、ネット上で話題を集めている。

「タイトルの通り、一般人や芸能人のゲストをさまざまな方法で占っていくこの番組。昨年末に離婚、さらに元妻の木下が今年7月に芸能界を引退するなどの激動が続いたことから、番組に出演した藤本が『俺は本当に今、助言が欲しいのよ……』と、弱気な発言をする場面もありました。そんな中、藤本が“再婚”について占い師に質問すると、『藤本さん自身が結婚願望とかゼロなので(再婚はない)』とバッサリ。藤本も『今はゼロです』と占いの結果を認めていました」(芸能ライター)

 ネット上では、「あんな離婚劇を体験したら、しばらく結婚は考えられないよね」「すぐに再婚する必要ないでしょ。1人でいるほうがラクなんじゃない?」といった声もあるが、「自分から話題出すってことは、再婚したいんでしょ」「『今は』だから、いつかはしたいんだろうね」など、藤本の本音は別にあると思う人も少なくない。

 芸能界においても“再婚”はままある話だが、世間の声はさまざま。比較的温かい声が寄せられたのは、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二とタレントの山口もえ夫妻だ。2人は2015年に再婚しているが、田中は09年、山口は11年に離婚している“バツイチ同士”のため、ネット上では「今度こそ幸せになってほしい」などと祝福されていた。

「逆に、再婚で物議を醸したのは、女優の藤原紀香と歌舞伎俳優の片岡愛之助です。藤原は09年にお笑い芸人・陣内智則と離婚、片岡は13年からグラビアアイドル・熊切あさ美と交際していたものの、破局前に藤原との関係が報じられ、16年に“略奪”にしか見えない形で結婚したため、一部から批判されることに。略奪での再婚といえば、ロックバンド・GLAYのTERUとPUFFY・大貫亜美も大きな話題になりました。2人の交際が発覚した1999年、TERUには下積み時代から彼を支えた妻と子どもがいて、大貫とは不倫状態にあると報じられました。しかし、翌2000年にTERUが離婚すると、02年に大貫と結婚。ネット上では当時、『TERUも亜美も人として最低』『TERUの元妻が納得していたとしても、印象はよくない』といった否定的な意見が続出していました」(同)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング