伊藤健太郎めぐる「文春」記事、事務所は抗議も「勝算あるのか?」と関係者冷ややか……「続報でトドメ」の可能性も?

サイゾーウーマン / 2020年11月6日 12時0分

 俳優・伊藤健太郎の所属事務所であるイマージュエンターテインメント(以下、イマージュ)が、11月5日に公式サイトを更新し、同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の記事に「事実に反している部分が多数」あるため、抗議を行ったと報告。法的措置を取る可能性も示唆しているが、マスコミ関係者からは一様に「果たして“勝算”はあるのか?」と疑問が向けられているという。

「伊藤は10月28日に乗用車を運転中、東京・渋谷区の交差点で2人乗りのバイクと衝突して重軽傷を負わせた上、その場から車で逃走。追いかけてきたタクシー運転手の説得を受けて現場に戻り、その後、道路交通法違反(ひき逃げ)などの容疑で逮捕されました。このニュースを受けて、さまざまなメディアが伊藤の素行について報じ、一部では彼の醜聞が浮上。そんな中、『文春』が伊藤の知られざる過去を記事化し、イマージュが反論したのです」(芸能ライター)

 伊藤はもともとイマージュに所属していたが、2017年に別の事務所・aoaoに移籍。しかし今年9月に突如、aoaoを退社し、イマージュへの“出戻り”が発表されたばかりだった。

「イマージュは『事実に反している部分が多数あり、週刊文春に対しては記事内容について厳重に抗議を行いました』『今後は、週刊文春の対応を踏まえ、法的措置を含め適正な対応を行う予定』などと表明しています。しかし、記事のどの部分が事実に反していたのか詳細は明かされていないため、争点がぼやけています」(スポーツ紙記者)

 伊藤に関するネガティブな報道は、「文春」以外でも取り沙汰されているだけに、同誌にしか載っていない“独自情報”に誤りがあるということだろうか。

「『文春』には、“伊藤が過去の交際相手に堕胎を迫っていた”という情報が出ていますが、非常にデリケートな話だけに、さすがに適当に書いたとは考えにくい。となると、“伊藤がかつて女優・小松菜奈と交際していた”“伊藤が女優・広瀬すずにアプローチをかけていた”といった、ほかの部分に誤りがあるのか……などなど、マスコミ関係者内ではかえって臆測が飛び交う事態となっています」(同)

 さらに、こうしたイマージュの姿勢を心配する声も出ているという。

「一度週刊誌に抗議すれば、その後記事が出た際は全て対応しないと、世間は“スルーした記事内容=事実”と捉えるようになります。そのため、よほどのことがない限り、反論することは得策ではないのです。しかも今回は『文春』が相手。過去には同誌で、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫を報じられたベッキーが、緊急謝罪会見を開き、『友人関係』と川谷との不倫を完全否定しましたが、その後、“続報”で返り討ちにあいトドメを刺されています。果たしてイマージュは、伊藤を“文春砲”から守り切れる勝算があって抗議を行ったのか……」(芸能プロ関係者)

 イマージュと「文春」双方の今後の動向を注視したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング