Snow Man、ラウンドワンのコラボ企画が「立ち消え」に? “原爆Tシャツ”疑惑の動画削除騒動のウラで異変

サイゾーウーマン / 2020年11月26日 9時0分

写真

 ジャニーズJr.時代に出演していたYouTube内の動画が突如として非公開となり、ファンを不安にさせているSnow Man。動画内で佐久間大介が着用しているTシャツが動画非公開の一因と目されている中、新たに複数の動画が視聴不可となり、Jr.ファンの間でも混乱が広がっている。

 騒ぎの発端は、11月21日頃からSnow Manの動画が「消えている」「見れなくなった」という声が上がり始めたこと。2018年7月4日~8月8日にかけて「Jr.チャンネル」にアップされたSnow Manのロケ動画5本や、Jr.グループ横断企画「イヤホンガンガンしない【マナーモード伝言ゲーム】1」(同年7月16日配信)を視聴しようとすると、「動画を再生できません」「この動画は非公開です」との表示が出てきてしまうのだ。

「公開を取りやめたロケ編は、三重県・桑名市にある『名鉄乗馬クラブ・クレイン東海』での1本と、テーマパーク『ナガシマスパーランド』で撮影した4本の計5本です。一連の動画内で佐久間が着ていたTシャツは、原爆のキノコ雲を連想させるようなデザイン。更新当時も“原爆Tシャツ”疑惑が一部ネットユーザーの間で検証され、Snow ManがCDデビューをした半年後の今年6月頃にも、再び議論の対象となっていました。以前より話題だったTシャツを着ている動画が、今になっていきなり見れなくなったワケです。仮にメンバーの発言や言動に原因があるのなら、その部分を再編集すればいいはず。いずれも三重で同じ日に撮影を行い、同じ服装だったため、複数の動画を非公開にするしかなかったのでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 加えて、巻き添えを食った形の「イヤホンガンガンしない【マナーモード伝言ゲーム】1」でも、佐久間は同じTシャツを着ていたとあって、やはり彼の服装が引き金ではないかと、一部ジャニーズファンは推測。このタイミングで対応した理由については、「『NHK紅白歌合戦』への出場が決まったこと」がきっかけだと深読みする人も少なくない。

 “原爆Tシャツ”をめぐるトラブルといえば、韓国のアイドルグループ・BTS(防弾少年団)の一件は社会問題に発展している。18年秋、ジミンが着用していたTシャツに大きな関心が寄せられた結果、11月9日に出演する予定だった『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への登場を見送ったのだ。BTSは後に日本版公式ホームページで騒動を謝罪し、沈静化を図った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング