King&Prince・岸優太、「A.B.C-Z・河合くんが叩かれてる」と『VS魂』で暴露!? “ジャニーズモノマネ”指摘でファンから「ありがとう」の声も

サイゾーウーマン / 2021年2月7日 8時0分

写真

 元SMAP・木村拓哉、嵐・松本潤らの“ジャニーズモノマネ”を武器に、バラエティ番組で活躍中のA.B.C-Z・河合郁人。2月4日放送の『VS魂』(フジテレビ系)でも、新作ネタをお披露目したが、一部ジャニーズファンから否定的な反応が上がる事態となった。

 自身のコンサートや舞台をはじめ、『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)などで、数年前からジャニーズタレントのモノマネを見せてきた河合。特に昨年からはテレビ露出が増えており、5月19日放送の『次世代ものまね芸人No.1決定戦』(日本テレビ系)で、初出場ながら準優勝したこともブレークのきっかけとなった。しかし、ややオーバーな仕草や歌モノマネに、不快感を示すジャニーズファンも。最近は、ネット上の“アンチ”が河合に対する手厳しい意見を投稿することも少なくない。

「バラエティに出れば出るほど、一部ジャニーズファンの間で『河合のモノマネは先輩への尊敬の気持ちが感じられない』『不快で仕方がない。自分がウケたいだけならやめて』『最近は誇張しすぎてて、モノマネというかバカにしてるように見える』といった不満の声が漏れるようになりました。さらに、事務所の先輩たちも河合のモノマネや芸風には思うところがある様子。河合が『バゲット』(日本テレビ系、昨年5月19日放送)に出演した際、定番ネタの一つである嵐・松本本人から、『去年はいろんな俺の話でウケとってたけど、今年はお前、ちゃんとしゃべれるんだから、自分のネタでウケとりなさい』と、助言されたことを明かしていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 また、『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系、10月17日放送)でも、KinKi Kids・堂本光一が「本人たちっていうより、ファンがどう思うか」と、河合のモノマネを危惧。「先輩として、ジャニーさん(ジャニー喜多川前社長)降臨させて河合に一言だけ言っていい?」と切り出した上で、「YOU、人のマネばっかりして、YOUがマネされるようにならなきゃいけないじゃない!」と苦言を呈した。これを受け、河合は「それ、本当に言われたことあるんですよ!」と、実際にジャニー氏にも注意されたと告白したのだ。

 そんな河合が、V6・坂本昌行らとともに、舞台『Oslo』チームで『VS魂』に登場。MCを務める嵐・相葉雅紀が「最近、松潤に会えてないんだよな~」と口にすると、「松本潤が気合を入れて前に歩いてくるとき」というネタを披露した。そして、河合はレギュラーのKing&Prince・岸優太に関するエピソードとして、「モノマネ番組とかに僕が出る時に、岸のモノマネをよくするんですけど、岸に会うたびに『モノマネしてくれてありがとうございます』って言ってくれて。なかなか、モノマネした人に感謝されることはないので、逆にありがたい」と、感謝の言葉を述べていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング