1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

先生、消防士、お坊さんも覚醒剤で逮捕! 需要があるから成り立つ「ヤクザの商売」

サイゾーウーマン / 2021年2月14日 16時0分

写真

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

先生、消防士、お坊さんまで覚醒剤で逮捕

 先が見えないコロナ禍ですが、緊急事態宣言下で「覚醒剤が品薄」という説があります。便乗値上げもある……と聞いていましたら、わりとカタギさんの逮捕案件があって驚いております。しかも特別支援学級の先生とか、消防士さんとか、さらにはお坊さんまで(笑)。

 まあいずれもストレスの多いお仕事なんだと思います。今は覚醒剤もネットで買えますし、需要がある以上、ヤクザも供給し続けるということですね。

 ちなみにオットの兄弟分で特別支援学級に通っている子のパパがいましたが、先生方は優しかったそうです。どう見ても「反社会的勢力全開」でお迎えに行っても、温かく接してくださったと。怖かっただけかもしれませんが(苦笑)。

 また、ウチの若い衆の(ケンカの)ケガが悪化して歩けなくなってしまったときにお願いした救急隊員さん(消防署員ですね)は、「なんでこんなになるまで放って……」と怒鳴ろうとして、若い衆の全身刺青を見て静かになってました。

 暴排条例の前でしたから、オットは会社を経営していて、若い衆たちは社会保険に加入していましたが、今でも国民健康保険には入れます。いわゆる暴力団を排除する条項はないんです(東京都の場合)。

 ヤクザが国保に入れるとはケシカランと思われるでしょうね。でも、更生のためにも最低限の生活は守ってあげてほしいです。このことは難しいし、書くと長くなってしまうのですが、やっぱり人権は「ある」か「ない」かではなく、もともとあるものだと思っています。 

 さて、正業に就けないヤクザのシノギが、ほとんど覚醒剤などの違法薬物の密売とオレオレ詐欺となっている現在、沿岸地域では「密漁」の問題もたまに聞きますね。夜中にナマコやアワビを勝手に捕まえるのはカタギさんでも昔からあったんですが、NHKとかが「『貧困暴力団』という新たな脅威」とあおっています。

 とはいえ、実は密漁もそんなに簡単に参入できるものでもなくて、ボートやウェットスーツなど潜水用具一式も用意しなくてはなりませんし、盗った獲物を売りさばくルートの確保も必要です。それに、漁業法の罰則規定も「懲役3年以下・罰金200万円以下」から「懲役3年以下・罰金3,000万円以下」へと強化されています。3,000万円は個人に対する罰金の最高額ですから、誰でもできるシノギとはいえないですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング