ジャニーズ事務所、デビュー前の「謎の仕事」とは? メディア取材ナシの「気持ち悪い」極秘業務明らかに

サイゾーウーマン / 2021年2月24日 8時0分

写真

 TOKIO・城島茂、お笑いコンビ・さらば青春の光(森田哲矢・東ブクロ)らがパーソナリティを務めているラジオ番組『アッパレやってまーす!~土曜日です~』(MBSラジオ)。女性陣の日向坂46・齊藤京子、尼神インター(誠子・渚)もレギュラー出演しており、リスナーから寄せられたお便りを中心に、賑やかなトークを毎週繰り広げている。

 2月20日放送回では、城島がCDデビュー前に経験した“不思議な仕事”について語り、共演者を驚かせた。この日の番組冒頭で、「自分の同系列のタレントといえば、誰だと思いますか?」との質問を紹介。

 森田が「同系列とかじゃなくて、『ホンマに俺らやったんか?』っていう仕事ない?」と切り出すと、城島は「わかります。最初、頼んだゲストの方が急きょダメになってしまって。『どうしよう、どうしよう。えーっと、さらばさんどうですか?』『それあったわ』っていう」と共感しているよう。

 そんな中、「『なんで?』っていうような仕事で言うと、デビュー前やったんですけど。TOKIOはまだデビュー前で、全メンバーが呼ばれたわけちゃうくて」と前置きした城島は、

「六本木交差点(東京)のドン・キホーテがあるんですけど。そっち寄りの、昔、マクドナルドがあったんですけど。その角の通り沿いのところで、なぜか交通安全のビラを持って。インターナショナルスクールの生徒さんと一緒に、『交通安全お願いします』っていうビラ配りの仕事がなぜか回ってきて。で、冬の寒空の下、別にメディアが入るわけでもなく、取材も来るわけなく。リアルにビラ渡されて、2時間ぐらい配ったことありますよ」

と、告白。さらばの2人が「えー、何それ!?」(森田)「バイトやん、もう」(東ブクロ)と衝撃を受けると、城島は「『これ、ホンマに僕らの仕事なんかな』って。最初、ドッキリかなと思ってやってたんですけど、全然そんな気配もなし」と困惑していた状況を振り返った。アイドルらしからぬ“謎の仕事”とあって、東ブクロは「ジャニーズっぽくないですよね」と、率直な一言をポロリ。さらに城島によれば、

「もちろんマネジャーなんかいないんで。メンバー3人で。当時、僕と、(国分)太一と、まぁ山口(達也)の3人やったんですけど。『なんやろう、これ』って(話していた)」

と、疑問が残った状態で仕事を続け、最後は「ありがとうございました〜」と解散したんだとか。東ブクロが「気持ち悪いですね、なんかね。それ確かに」と憐れむと、森田は「それはなんなんですかね? でも一応、(交通安全の呼びかけだから)良いことしてるみたいな?」と、趣旨を確認。城島は当時、「ジャニーズ事務所のデビュー前のタレント、こういう仕事あんの?」と思ったそうで、森田に「なんか登竜門的なことなんですかね」と問われると、「いや、初めて聞きました」と、即答していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング