1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

“山口組一強”はさらに進む? 元極妻が考える「ヤクザの勢力図2021」

サイゾーウーマン / 2021年3月28日 16時0分

写真

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

伊勢崎の大乱闘の手打ちは済んでいる

 前回お伝えした3月4日未明の「群馬・伊勢崎の大乱闘」は、3月25日現在も捜査が続いているようです。16日には稲川会系組員が六代目山口組系組長らに発砲した件で、稲川会の関係事務所が家宅捜索を受けたことも報じられています。

 一方で、当事者間の手打ち(和解)は済んでいるそうです。稲川会は六代目山口組に「お見舞い」に行き、トラブル再発防止を約束したと聞いています。

 13日には、稲川会総本部名で「理由の如何を問わず火器、銃器等の所持使用を一切認めず些細な事故トラブルなど絶対に無き様侠道に邁進する事」など組員のトラブルを禁止する「御告知」を関係者に配布したことが報道されました。

 まあ読者の皆様におかれましては、「銃器はどこで使ってもダメなのでは……」と思われるでしょうけどね。この乱闘は、もとはといえば地元の稲川会と住吉会双方の傘下関係者のトラブルだったようです。稲川会と住吉会は関東の組織で、いろいろと地域的にシノギもかぶっていますからね。

 ところが、そこに今回は六代目山口組・司忍組長の出身母体である弘道会系の組長が仲介に入ってハジかれた(銃で撃たれた)というのですから、大問題になったわけです。

 そして、3月4日は、もうひとつニュースがありました。2019年1月に神奈川・川崎で稲川会系組長とその関係者がヒットマンに銃撃されて重傷を負う事件があったのですが、その犯人逮捕が報じられたのです。 

 この事件は、とっさに組長を守ろうと姐さんが犯人にタックルしているところが動画で配信されて話題になりました。しかも、ご自分は撃たれながらヒットマンを追いかけてるんですよ。そして組長はご無事だったとのこと。まさに「極妻の鑑」ですよ。私には絶対に無理です。※見にくいですが、最後に逃げるヒットマンを追いかけている人です。この時はすでに肩を撃たれていたそうです。

 この事件は、いろいろ微妙でご紹介しないほうがいいかなと思っていたのですが、2年もたって犯人グループが逮捕されて、しかもそのうちの1人は住吉会でも武闘派で知られる幸平一家系の組長ですから、またもや「業界激震」となったので、少し考えてみたいと思いました。

 報道では5人が逮捕されていますが、幸平一家系の組長以外の4人は不起訴、釈放されているようで、これも謎ですね。ヒットマンは組長ではないでしょうし。同じ日に報道されているのでわかりにくいのですが、オットの元兄弟分によりますと、「伊勢崎(『稲川会vs山口組』)は手打ちが済んでるけど、川崎の件(『住吉会vs稲川会』)は名門の幸平一家の関係者がパクられ(逮捕され)たから、関係者は大騒ぎだった」だそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング