1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

『レンアイ漫画家』第2話5.1%で「早くも打ち切りコース」!? 主演の鈴木亮平に「かわいそう」「気の毒」

サイゾーウーマン / 2021年4月16日 14時34分

 4月15日夜10時から放送された連続ドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の第2話が、平均視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかり、「ネット上には、主演の鈴木亮平を気の毒がる視聴者も多い」(芸能ライター)という。

「漫画家・山崎紗也夏氏の同題作品を原作とする同ドラマは、『刈部まりあ』というペンネームで人気少女漫画を連載している刈部清一郎(鈴木)と、“問題”のある男性とばかり付き合ってしまうアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)の不器用な恋愛模様を描いたラブストーリー。原作の主人公はあいこですが、ドラマ版では清一郎に変更されています」(同)

 第1話では、清一郎があいこと出会い、彼女に報酬を支払う代わりに、漫画のネタにするため、エリートサラリーマン・早瀬剛(竜星涼)と“疑似恋愛”するよう命じる様子が描かれ、平均視聴率6.5%を記録。続く第2話では、清一郎から早瀬と別れるよう指示されたあいこが戸惑い、悩む一方で、清一郎の弟の遺児であるレン(岩田琉聖)が、転校先の学校に行っていないことが判明する……といった展開が繰り広げられた。しかし、視聴率は初回から1.4ポイントの大幅減。ネット上では、早くも「“打ち切り”コースか」と心配する声が寄せられている。

「また、内容については『原作は面白かったのに、ドラマはイマイチ』『脚本がつまらない』といった不満のほか、『こんなの鈴木亮平の無駄遣いじゃん!』『鈴木さんは実力派だってわかってるだけに、こんな安っぽいドラマで主演させられてかわいそう』『視聴率が悪いの、鈴木さんのせいにしないでほしい』との書き込みも少なくありません。そもそも原作の主人公があいこであるせいか、ドラマ版でもヒロインポジションといいつつ“あいこ視点”の描写ばかりなので、初回から『吉岡のほうが主役みたい』と指摘されていました。そのため、鈴木が主演として矢面に立たされることを気の毒に思う視聴者が多いようです」(同)

 ちなみに、『レンアイ漫画家』第2話が放送された同日、テレビ朝日系では夜9時から玉木宏主演の連ドラ『桜の塔』がスタートし、平均視聴率13.5%をマーク。初回は10分拡大放送だったため、放送時間が若干かぶっていた『レンアイ漫画家』が、視聴者を取られてしまった可能性もあるが、次週以降は果たして……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング