新興宗教団体の跡地、霊能者が“見える”と断言するトンネル……近畿の心霊スポット

サイゾーウーマン / 2012年8月20日 13時10分

写真

日本各地には、霊が出ると言われる「心霊スポット」が点在しています。それは古ぼけたトンネルであったり、惨殺事件が起きたとされる館、山奥の集落だけでなく、どこにでもあるありふれた交差点、一般的な幹線道路、有名な観光地など、我々の身近なところにも……。

 今回は、近畿地方の代表的な心霊スポットを紹介します。

■花山洞(京都府)

 「旧東山トンネル」「花山トンネル」とも呼ばれる「花山洞」は、「東山トンネル」の上にある歩行者専用道路。近くに火葬場があるためか幽霊の目撃談が多い、京都では有名な心霊スポットです。

 すぐ横には国道1号線が通っていて交通量が多く騒がしいのですが、花山洞に入ると途端にシンと静まりかえります。トンネル内は昼間でも薄暗く、照明の明かりがあっても入るのをためらってしまうほど。

 江戸時代の処刑場が近かったことから、武士の幽霊の目撃情報もありましたが、最近はトンネル内ではうめき声が響く、着物姿の女性が現れるなどの心霊体験があとを絶ちません。子どもや女性の霊も目撃されています。霊能者やテレビが取材で何度も検証していて、確実に霊がいると断言したそうです。す。何かを感じやすい人は、近寄らないほうが無難な場所かもしれません。

■滝畑ダム(大阪府)

 キャンプ場としても有名な「滝畑ダム」は、大阪でも有数の知名度を誇る心霊スポットです。霊現象の目撃談はかなり多く、大阪の心霊スポットを紹介するときには、外せないメジャーな場所になっています。

 ダム付近には「滝畑第一トンネル」「滝畑第二トンネル」「梨の木トンネル」「塩降トンネル」の4つのトンネルがあり、怪現象の多発地帯となっています。その中でも、「梨の木トンネル」は通称「第三トンネル」と呼ばれ、女性の霊が現われるといわれています。トンネルを通っている時にカーステレオから突然うめき声が聞こえてきて、女性を目撃してしまうと、憑依されてしまい、高熱を出して寝込んでしまうそうです。

 また、ダムにかかる橋「夕月橋」では、両ひじで走る老婆の霊が報告されています。深夜にこの橋を渡ると、ものすごい形相の老婆が、両ひじを使って猛スピードで追いかけてくるというもの。心霊スポットではよくある、追いかけてくる霊です。一説によると、この橋から身投げをした老婆の霊といわれています。

■白高大神(奈良県)

 「白高大神」は奈良県N市にある、今はもう誰も訪れなくなった神社です。打ち捨てられた立派な鳥居は、過去には参拝客の多かった神社だということを物語っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング