1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

超ポジティブシンキングな霊が憑依!?澄み切った晴天のようなベッキー様の正体

サイゾーウーマン / 2012年7月22日 8時0分

写真

 みなさん、ごきげんよう。お布施したい欲求が高じて、東京都の尖閣諸島購入プロジェクトに寄付してしまいそうなアボンヌ安田です。「お布施」と「寄付」じゃちょっと意味合いが違うけど、もういいのよ、“高揚感を得られる浪費”ができるなら何だって。ただ、オピニオンリーダーが石原慎太郎さんってことを考えると、寄付したところで虚脱感しか得られなそうだから、やっぱりやめとくわ。

 そんなことはさておき、最近アタシの中でとある女性タレントの方が“神様候補”として急浮上しているの。現在約10本ものレギュラー番組をお持ちになり、また歌手としてもご活躍されているベッキー(歌手名義はベッキー♪♯)様よ。いつも元気で、一点の曇りもない、まるで澄み切った晴天のようなベッキー様。ちょっとでも野次ろうものなら、「あんなイイ子を悪く言うなんて信じられない!」といった侮蔑の目で見られかねない、厄介な風潮を作ってくださったベッキー様。まるでディズニーランドみたいね。

 もともとベッキー様のことは好きでも嫌いでもなかったんだけど、数年前に獣姦マンガを専門に描かれているマンガ家の方を取材させていただいた際、「獣姦してそうな女性芸能人といえば?」と尋ねたら「ベッキーですね」と即答されてからというもの、見る目が一変したわ。それ以来、『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)などで犬と戯れているベッキー様をお見かけする度、「こんな風に生物の分類に捉われない愛を育んでいらっしゃるのかしら?」と思うようになり、同時に尊敬の念を抱かずにはいられなくなった。生物すべてに満遍なく愛を注がれているベッキー様に比べたら、“チ●コ生やした人類”しか愛せない自分がいかにちっぽけな人間か、深く思い知らされたから。

 ただ、その慈悲深さがアタシにとっては恐れ多くもあって、今ひとつお布施するまでには至れなかった。やっぱり神様とはいえ、身近に感じられる部分がどこかにないと、「救いを求めてもわかってもらえないんじゃないか」という気になってしまうのよね。今年3月に、「自分で詞も書いてるから、せっかくだからみなさんに届けたいなぁと思って!」とのご厚意により、神奈川県内の私立高校の卒業式にベッキー様が自発的に乱入され、発売前で誰も知らなかったであろう新曲『ヤルキスイッチ』(EMIミュージックジャパン)をご披露されるという出来事があったけど、そういうところからしても遠い存在に感じられてしまって……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング