『ドラえもん』の金環日食スペシャルで、キャラクターの欲がむき出しに!

サイゾーウーマン / 2012年5月22日 12時0分

写真

 5月18日放送のアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)。サブタイトルは、「日食を見よう」。……超タイムリーというか、狙い過ぎというか。言うまでもなく21日朝の金環日食にからめたお話だが、たぶん原作にはない話だ。

「日食? それっておいしいの?」

 という、のび太の天然(?)発言、スネ夫とジャイアンにバカにされるところから話が始まる。笑われてプンスカしていたところ、今度は出木杉くんとしずかちゃんが仲良さそうに、会話をしている場に遭遇。

出木杉「明日は5月21日だね。いよいよ日食が見られるね」
しずか「楽しみね~」

 なんだこの説明的なやり取り。そしてそれを見て、のび太は「ドラえも~~ん!」と家に駆け込む、いつもの展開。しかし、

「ジャーーン!!」

 のび太の部屋で日食グラスをかけているドラえもん。

「明日に備えて日食グラス買っちゃった~!」

 ドラえもんもお祭りムードど真ん中だ。日食を知らないのび太に、ひみつ道具の「実物ミニチュア大百科」で解説してくれる。大百科から小さい太陽、月、地球が出てきて、「地球をよく見てごらん。ポツンと月の影が落ちてるだろ」と日食の仕組みについて解説してくれるドラえもん。このあたりの噛み砕いた説明はさすが。「どうしてみんな大騒ぎしているの?」というのび太の疑問も解消、一気に「見たい」モードに突入だ。

 しかし、肝心の当日朝。空はどんよりとした曇り空……。大変だ。

「でも心配ない!」

 と、頼もしいドラえもん。「強力うちわ風神」で雲の上まで飛べばいい、と。しかし、結局その道具はジャイアンとスネ夫にとられてしまう。

「どうしよう~、うちわとられちゃった。日食見られないよ~~」

 自分さえ日食を見られればいいのか、のび太って奴は。ドラえもんも「こうなったら意地でも見るぞ!」と熱くなって、次の道具を出して再び上空へ。天気を変えたり、雲をどける道具がほかにもありそうな気もするが、そのへんはまあいいか。

 雲の上を目指すドラ、のび、スネ、ジャイ。ほかの見られない人たちのことは考えないのだろうか。すると、しょんぼり感を演出するBGMとともに、あちこちで日食グラスを付け、悲しげな顔で空を見上げるパパやママ、出木杉くんとしずかちゃん、街のみんなの姿が。しかし、

しずか「見て!」

 奇跡的に雲の切れ目から、太陽が顔をのぞかせる。

しずか「うわ~ロマンチック~」
出木杉「宇宙の神秘だねぇ」

 よかったね。さて上空のドラえもんたちは?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング