占いは当たらないと思っている人ほど危険!? 占い依存症診断テスト

サイゾーウーマン / 2012年2月23日 9時0分

写真

 占いの「好き嫌い」と、占いへの「依存」は違います。占い大好き、重度の占いオタクでも、自他共に楽しく過ごせているのなら占い依存症ではありません。「依存症」とは、一言でいうと「止めたいのに止められない」状態のこと。お金がないのに、体を壊してしまうのに止められない、それが依存症です。

 占いは人生を楽しく豊かに広げてくれます。でもハマりすぎて依存してしまうと、せっかくの占いが、あなたの可能性を狭める枷(かせ)になってしまうことになります。平安時代の貴族は、吉凶をなにより重視し、占いでよくない結果が出ると仕事にも行かず家に閉じこもっていたとか。占いを経験したことのある人の中には、かなり占い依存度が高かった当時の貴族を、笑えない人もいるのでは?

 では、占い依存症になりやすいのはどんなタイプなのでしょうか。今もうすでにかなりハマっている人も、面白そうだけどハマるのは怖いから手を出さないでいる人も、潜在的な占い依存度がわかる、占い依存症予備軍チェックをしてみましょう。

<占い依存症予備軍チェック>
(1)朝のテレビの占い結果がよくないと一日ブルーな気分になる
(2)雑誌で占い特集が組まれるとついつい買ってしまう
(3)自分が占い鑑定してもらったことは誰にも話したくない
(4)ものすごく当たる占い師がいるなら、ぜひみてもらいたい
(5)占いなんてどうせ当たらないと思っている
(6)子どものころからわりと成績がよかった
(7)プライベートな悩みを相談できる相手がいない
(8)親との関係がよくない
(9)ヤケ食いや衝動買いをして後悔することがよくある
(10)人前で泣くことはない

 さて、いくつ当てはまりましたか? 当てはまった数によってあなたの占い依存度がわかります。

・YESが0~2個=占い依存になる心配なし
・YESが3~4個=占い依存になる可能性はかなり低め
・YESが5~8個=占い依存になる可能性あり
・YESが9~10個=占い依存になる可能性はかなり高め

 また、YESの数に限らず、チェックリストの中で、下記の項目をYESとした人はきっかけさえあれば一気に占い依存になる可能性があります。

(5)占いなんてどうせ当たらないと思っている
......当たる占い師に出会った途端、誰よりも強烈な信者になってしまう可能性大!

(7)プライベートな悩みを相談できる相手がいない
......悩みを親身になって聞いてくれる占い師に出会うと一気に入れ込む可能性大!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング