整形は許容範囲?『クレオパトラな女たち』×星座で見る“美”へのこだわり

サイゾーウーマン / 2012年5月23日 12時0分

写真

 美容整形クリニックを舞台にした、水曜ドラマ『クレオパトラな女たち』(日本テレビ系)。東京にある高収入の美容クリニックで働きだした主人公・岸峯太郎(佐藤隆太)。そこに訪れる患者やクリニックで働く女性たちを通して、美とは何かを考え、医者として成長していくドラマです。

 美については、人それぞれの考え方があります。しかし、女性の多くは、どうしても周りの価値観に翻弄され、悩んでしまいがち。ドラマの登場人物も、1人ひとり「美」に対する価値観が違います。そんな登場人物の美に対する思いを、星座の性格を通してみていきましょう。

■岸峯太郎(佐藤隆太)の場合
<一般的な美の価値観よりも、自分の感性を重視……蠍座タイプ>

 岸峯太郎は、美容整形の医師でありながら、反整形のスタンスをとっています。美に執着し、外見のことばかり気にする女性たちを好ましく思っていません。親からもらった顔や身体に、治療のためではなく、自分の都合でメスを入れることに拒絶反応を示し、「何がなんでもきれいになりたい」と願う患者たちとぶつかることも……。

 そうはいっても、形成外科医として優れた才能を持つ峯太郎。美とは何か、どうすれば美しくなるのか。そして、その人が持つ本来の美しさが一番と考え、患者に対してベストな方法を模索します。そういった意味で、細部にまでこだわりを見せる美への姿勢は、まさに蠍座タイプといえるでしょう。蠍座は美に対して、とことん追求していく傾向があります。いろいろな困難を乗り越えて、整形する女性たちの気持ちに寄り添うことができたとき、美を追い求める女性たちの、救世主となるかもしれません。

■市井睦(稲森いずみ)の場合
<すべてにおいて完璧であることが“美”……乙女座タイプ>

 市井睦は、患者から絶大の人気を得ている、クリニックの医師。仕事もできるし、夫も子どももいて、収入もいい。すべてを手にしている女性として、憧れの存在です。美を創造する整形の仕事に誇りを持っている睦は冷静に患者と向き合い、「高い年棒をもらうんだから、患者の美に対する悩みにきちんと応えてあげるのがプロ」というスタンスです。

 そんな完璧さを求める精神は、まさに乙女座タイプ。乙女座は、外見だけではなく、内面の美しさも大切と思っています。そして、仕事はもちろん、家庭でも良き母、妻であろうと努力します。しかし、その両立がうまくいかないとき、心が満たされず、外側ばかり取り繕う生活に……。そして、次第に心のバランスが崩れて、酒におぼれることも。すべてが完璧であることが美しいと考えすぎてしまい、自らの心のケアを怠っていることに気づけば、内側からの輝きを取り戻していくでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング