「なぜ?」とよく言う人は説得しやすい? 口癖でわかる効果的な説得方法

サイゾーウーマン / 2012年8月24日 12時0分

写真

  仕事での商談や、友達同士のうまい話を聞いて、そんな話に乗るわけがないと思っても、気づけば説得されてしまっていたということがありませんか? 反対に、「この内容で相手は了承してくれるはず」と話を進めても、一向にうなずいてくれない……。おいしい話に乗りやすい人、説得されやすい人は危機管理が甘いからと思われがちですが、案外、「自分は大丈夫」と思っている人ほど説得されてしまう傾向があります。

 自分が説得する相手は、どうすれば納得し、首を立てにふってくれるのか。それを見極めるポイントは、相手の「口癖」。「こんな話があるんですけど、知っていますか?」「○○さんに特別に」など、相手の心をくすぐる話をしてなんと答えるかで、どうアプローチすれば説得できるのかがわかります。相手の特徴や口癖から、タイプ別に紹介していきましょう。

■「なぜそうなるの?」……論理的なタイプ
 論理的に考える人は、感情的になりがちな人が苦手です。そのため、冷静に論理的に話をすると、「こいつ、案外わかっているな」と話に耳を傾けます。そして、説得する側がたくさんのデータや「なぜ、そうなるのか」をきちんと説明できれば、意外と簡単に説得されてしまうでしょう。特に、その人が苦手な分野であれば、「なるほど、そうだったのか」と、納得してしまうことに。

■「みんなはどうなの?」……世間体を気にするタイプ
 自分の意見よりも、一般的にどうなのかを聞いてくる人。世間体を気にするタイプは、周りと異なる行動をすることをとても恐れます。「間違ったことをすると恥ずかしい」という気持ちが強いのです。そのため、周りの意見に左右されがちに。「みなさんは、こちらのほうを選びますよ」と何度も説得すれば、次第にその気になってくるでしょう。具体的に、「○○さんは……」と、例えを出されると、つい信用してしまうのです。

■「そんなこと知っているよ」……プライドが高いタイプ
 ついつい知ったかぶりをしてしまうのは、プライドの高い人。自分は頭がいい、説得されてしまうはずがない、と過信しています。しかし、プライドが高いのはコンプレックスの裏返し。劣等感を刺激されると、とたんに怒りだしたり、感情的になるのが特徴です。そんな時、「そうですね。私もそう思います」と受け入れる姿勢を見せると、「この人は自分をわかってくれる」と心を許し、最終的に、説得されてしまうでしょう。

■「へえ、おもしろそう!」……好奇心旺盛なタイプ
 好奇心旺盛な人で、さまざまなことに興味を持ち、あらゆる可能性を信じたいと思っている人。そのため、説得する側の話がおもしろければ、その話を無視することはできないでしょう。おもしろいネタを逃したくない、という心理が働くからです。それはまさに、自分から説得されにいくようなもの。冷やかし半分で聞いているうちに、いつのまにか話に乗ってしまうのです。

 説得されない、だまされないためには、自分がどういうタイプか理解することが大切です。また、説得する側の気持ちになってみると、どう対処すればいいのか、わかってくるでしょう。
(山口詩織)


【関連記事】

「すごーい!」とよく言う人は冷静なタイプ? 口癖でわかる本音と建前

趣味の話ばかりする人は浮気をしない? 婚活で瞬時に相手の性格を見抜く方法

忘れ物、時間に遅れる……うっかりミスに隠れる、仕事に対するあなたの本音

携帯やスマホを買い替えた時、最初に使う機能でわかるあなたのKY度

ボーダー好きはモテたい下心でいっぱい!? 選ぶ服の柄でわかる隠れた本心

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング