1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

Facebookが大病を患う赤ん坊の写真を「不適切」と削除し、非難される

サイゾーウーマン / 2012年5月24日 12時0分

写真

 18日、ナスダック市場で歴史的な上場を果たし、その翌日には創業者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者が9年間の交際を実らせ挙式するなど、先週末は何かと幸せな話題を振りまいていたFacebook。しかし、株価は予想を裏切り下がり続けており、今後、ますます厳しくなっていくのではないかと懸念する声が上がっている。そんな中、とある夫婦が掲載した生後間もない赤ん坊の写真が「不適切」だとしてFacebookから削除されてしまった。赤ん坊は無脳症であり、その姿をFacebookは「問題あり」と判断。性的表現は許容しているのに、赤ん坊の写真がなぜダメなのかと騒動になっている。

 Facebookが「当SNSサイトにふさわしくない」と問題視したのは、テネシー州メンフィス在住のウォーカー夫婦の間に生まれた第3子グレイゾン・ジェームズ・ウォーカーの写真。グレイゾンは、無脳症という、大脳や小脳が欠損したり小さかったりする疾患を抱えており、生後わずか8時間で息を引き取った。夫婦は妊娠4カ月目の定期健診で、赤ん坊が無脳症であることを告知されたが、母親のヘザーは「臨月までおなかの中で育てたい」と希望。産んでも、数時間しか生きられないことを知った上で妊娠を継続し、2月15日、帝王切開でグレイゾンを出産した。

 敬虔なクリスチャンであるヘザーは、おなかにいる我が子が無脳症であるという事実をすぐに受け止めたものの、心の痛みをぬぐうことはできず、その気持ちをブログにしたためるようになった。妊娠の記録や、幼い2人の子どもたちが弟の誕生を心待ちにする様子、同じような状況の母親との交流などをつづったこのブログは、次第に注目されるように。そして、出産当日、「Now I Lay Me Down To Sleep」というチャリティー団体がプロの写真家を送る手配をし、記念すべき家族写真の撮影が実現したのだった。

 プロの写真家に撮影してもらった家族写真に大満足したヘザーは、同じ状況に置かれた人たちに勇気を与えられればと、Facebookに写真を掲載。しかし、Facebookは「コンテンツに問題がある」として速攻で写真を削除し、ヘザーがFacebookにアクセスすることを24時間禁止する処置を取ったのだった。

 ヘザーは、「ヌードすれすれの写真や下品で不敬な発言などを容認しているのに、神がお造りになられた美しい赤ん坊の写真は掲載してくれないだなんて」と気落ちしてしまい、このことを知った友人たちは大激怒。自分たちのFacebookのページにグレイゾンの写真を載せて、Facebookが冷酷な対応をしたことを拡散してほしい、シェアしてほしいと呼びかけた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング