不毛の恋がトラウマに……それでも“だめんず”に惹かれてしまう星座とは?

サイゾーウーマン / 2012年8月25日 10時30分

写真

 「好きになるのは必ずだめんず」「どうしてあんな男と付き合うの? と友達にいわれるような男性ばかり愛してしまう」、そんな女性たちが日々増殖している。

 そこで今回はだめんずばかりを愛してしまう女性4名に、占い師でもあり、おねえ恋愛カウンセラーとして活躍するTO-RUさんを加えて座談会を行い、「どんな不毛の恋に陥ってしまったのか」「どうすれば不毛の恋からサヨナラできるのか」などをざっくばらんに話してもらい、だめんずにハマりやすい星座、不毛な恋をする女の星座などの特性を、“星座”の観点からビシッと分析してもらった。

<座談会メンバー>
Aさん:29歳・OL 太陽星座=獅子座、金星星座=乙女座
好きになる男は、ことごとく友達や周囲の女に手を出す。嫌われても尽くしてしまう「演歌体質」な自分も、なんとかしたいと思っている。

Bさん:29歳・出版社勤務 太陽星座=牡牛座、金星座星=蟹座
どんなエリートサラリーマンより、企業に属さないアート気質の男を選んでしまうが、価値観が自由すぎて遊ばれてしまう。でも、そんな不幸な恋の主人公である自分が大好きな「陶酔体質」。

Cさん:30歳・WEBデザイナー 太陽星座=水瓶座、金星星座=魚座
つかず離れず適度な距離感を求めて不倫を繰り返す。たまに独身だと思ったらワケありばかり。結婚を匂わされては振られてしまう「不倫体質」。

Dさん:40歳・PR会社勤務 太陽星座=蠍座、金星星座=射手座
仕事が大好きだから男は主夫がいい。自分が稼ぐ代わりに家事全般をやってくれて、優しい言葉で疲れを癒やしてくれる男=ヒモ男ばかりと付き合うことになる「男勝り体質」。

※太陽星座と金星星座とは?
いた星座のことで、雑誌などで見かける「星占い」がこれに当たる。これに対して金星が入座していた星座は「金星星座」となる。星占いを見て「当たっていない」と思う人は、太陽以外の星座の特性が性格に多くあらわれているからかもしれない。各星座の中でも、特に金星星座は、恋のゆくえを示すとされている。

TO-RUさん(以下、TO-RU)みなさん、どんなだめんずがお好みなの?

Aさん(以下、A) 私の場合は、お互いの共通の知人と平気で二股かける人とか、心が弱っている女性を見ると彼女がいても放っておけない浮気男とか。

Bさん(以下、B) 私は、自分と似たような仕事に就いている人を好きになります。今ならマスコミ業界。大手のエリート社員と弱小出版社だったら、後者ですね。それから、フリーランスの人のほうが輝いて見えるんです! 社畜じゃない感じに惹かれますね。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング