ジャスティン・ビーバーと友人たちのおふざけ動画がリア充過ぎる!!

サイゾーウーマン / 2012年2月25日 8時0分

写真

 世界的アイドルのジャスティン・ビーバーとガールフレンドのセレーナ・ゴメスが、アメリカのティーンなら誰でも知っている人気アイドルたちとともに、プライベートな"おふざけ"ビデオを作成。ビデオ動画はYouTubeに掲載され、その"超リア充"ぶりに羨望の眼差しが注がれている。

 2月12日に開催された音楽界最大の式典である第54回グラミー賞授賞式には出席せず、ニューヨークのタイ・レストランで、バレンタイン前倒しデートを楽しんだジャスティンとセレーナ。いつもふたりきりの世界にドップリ浸っているような彼らだが、友達と遊ぶ時間もしっかりと確保しているようだ。

 インターネット上で大きな話題を集めているこのビデオは、ジャスティンがイチオシする新人歌手の曲に合わせて、アイドル仲間と一緒に和気あいあいとふざける作品。18日、大人気青春コメディ『Big Time Rush』で大ブレイク中のカルロス・ペナJr.(22歳)が、YouTubeの自身のアカウントに『"Call Me Maybe" by Carly Rae Jepsen - Feat. Justin Bieber, Selena, Ashley Tisdale & MORE!』というタイトルを付けてこのビデオを掲載したところ、わずか3日で300万動画再生回数を突破して、たちまち話題となった。

 ジャスティンとセレーナのほかにビデオに登場しているのは、『ハイスクール・ミュージカル』のシャーペイ役で世界的にブレークしたアシュレイ・ティスデイル(26歳)と、彼女の交際相手で人気ロックバンド「ボーイズ・ライク・ガールズ」のマーティン・ジョンソン(26歳)ら。仕事では見せないようなリラックスしきった表情で、おどける姿が収められている。

 ビデオは私宅で撮影されており、全員楽な服装であり、女の子たちはほぼすっぴん状態。音楽に合わせて、チョビヒゲをつけてダンスしたり、「電話して」の下りでバナナを耳にあてるなど、全員が超ノリノリ。アシュレイがお得意のダンスを披露したり、2分30秒のあたりでジャスティンとセレーナがキスする寸前までいったりと、見所満載である。

 ちなみに、監督・編集は、ジャスティンの大親友で彼のミュージック・ビデオを手がけている若手ディレクターのアルフレド・フローレスが担当。作品は、モノクロになったり、カラーになったりとメリハリがあるのだが、プロの手にかかっているのだと知れば納得である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング