申請後も思わぬところで一発逆転!? 自己破産したセレブたち

サイゾーウーマン / 2012年6月25日 12時0分

写真

 NBA史上最凶のリバウンダー&ディフェンダーと称されたデニス・ロッドマンが、最近いたるところで「破産」宣言しているという。今年離婚した3番目の妻への慰謝料6,000万円と月々の生活費400万円が支払えないほど金欠だというのだが、ラスベガスでギャンブル、酒、女に散財している姿もパパラッチされており、払うくらいなら自分で使いきってやろうと企んでいると伝えられた。裁判所はそんな彼に対して、「裁判官が下した判決に従わない」侮辱罪で保護観察処分等の制裁を下したが、相変わらずナメきっているようだ。ごっつい外見で女装マニアという性癖をもつデニスが、気軽に破産を口にするのは、破産という道を選び、見事に経済状況を立て直したセレブが多いからだろう。

 今回は、そんな驚きの破産申請エピソードを持つセレブたちを紹介したい。

■第5位 ゲイリー・ビジー(2012年に申請)

 ハリウッドでヒール役を演じさせたら右に出る者はいないとされるゲイリー・ビジーが、何の前ぶれもなく破産申請をしたのは今年2月のこと。80年代には交通事故で臨死体験をし、90年代にはコカインの過剰摂取で死にかけるという波乱万丈な人生を送ってきた彼に降りかかった新たなる試練は、67歳での自己破産であった。彼が抱え込んだ負債額は約8,000万円。対する資産はたった400万円またはそれ以下であり、完全に首が回らなくなってしまったのだ。

 ゲイリーの破産申請のニュースの中で、世間が何よりも驚いたのは、マネジャーが発表した声明であった。屈辱的な状況であるにもかかわらず、彼は自分のことを「偉大なるアメリカン・アイコン」だと表現したのである。これほどまでに上から目線の破産声明を出せるのはゲイリーのほかには誰もいないだろう。なお、その声明は以下の通り。

「ゼネラルモーターズやアメリカン航空など、数多くの偉大なるアメリカ企業が、破産というビジネス戦略ツールを利用したように、ゲイリー・ビジーも破産を申請することにいたしました。数年前から、過去の不幸な選択、事業者との関係、出来事、状況が、偉大なるアメリカン・アイコンであるゲイリーの身に次々と投下されてきましたが、そこから抜け出し、ソウルメイトであるステファニー(編註:内縁の妻)や息子と共に、新しく、平和で幸せでサクセスフルな道を歩みだすことにしたのです」

■第4位 トニー・ブラクストン(1998年と2010年に申請)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング