徹子も前のめり! 無敵の女・吉田沙保里も恋愛では連敗中

サイゾーウーマン / 2012年3月25日 12時0分

写真

 世界最強の女性が、3月20日の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にやってきた。彼女の名は吉田沙保里。説明の必要もないが、アテネ・北京五輪女子レスリング55kg級金メダリストだ。今年のロンドン五輪では前人未到の3連覇を目指し、向かうところ敵なしの吉田と彼女を迎える徹子。ふたりはどんな駆け引きを見せてくれるのだろうか。

 その吉田、なんと真っ赤な振り袖姿で登場。こんな格好でもしずしずではなく、堂々とした「入場」っぷりはさすがの貫禄だ。徹子も、「着物着てあまりお笑いにならないところが、すごくアナタらしくていいと思いましたけど」と、吉田の"カッコよさ"に夢中だ。この日の着物の柄は、「あばれ熨斗」というそうで、よく分からないけど、吉田にぴったりの響きだ。

「ほんと『あばれ熨斗』のような方なので」

 徹子もそう思ったみたい。まずはオリンピックを中心に、これまでの足跡を一通りさらったところで、話はレスリング以外の方向に。

「警備保障会社っていうんですか、あの会社の、アナタ社員なんですって?」

 そう、吉田沙保里といえば、天井に張り付いたり、目からサーチライトみたいな光を発するALSOKのCMがすごく印象的だ。

「とっても調子のいい音楽で」
「壁にひっついたりするでしょ。ホントに壁にひっついたの?」
「この人がいたら、絶対入ってこられませんよね。泥棒も何もね」

 など、徹子さんはALSOKさんに夢中。続いては、街で見かけた男性に対して、

「こうやって(押さえ込んだり)やってみたら面白いなんて、そういうようには思わないもの?」

 思わないです。それにしても、「面白い」ってお転婆だなぁ徹子さん。

「ちょっと生意気な人がいても、あの人投げ飛ばして、乗っかってやるぞなんて、そういうのは思わないですか?」

 だから、思わないと思います。徹子ペースで快調に進むトーク。次の攻撃が。

「アナタってなんか、ガンガンいくほうで。お若いとき恋愛も?」

 ALSOKさんに恋バナを仕掛けてきた。恋愛もガンガン派なのか。なんでも高校時代に野球部に好きな男子がいて、告白したものの、

「沙保ちゃんは雲の上の存在なんで、ちょっと付き合えないみたいな......」

 フラれちゃったらしい。

「けど、仲良くはしてくれるんですよ!」

 と言うALSOKさん、なんかちょっとカワイイ。しばらくしたらまた仲良くなって、

「今度はいけるんじゃないかというふうに思って」

 また告白し、またフラれた。同じ相手にこれを6回繰り返したとか。負けず嫌いなのか学習しないのか。やっぱりちょっとカワイイな。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング