オトコ、嫉妬など火種は至る所に! セレブのキャット・ファイト

サイゾーウーマン / 2012年4月27日 12時0分

写真

 ハリウッドで成功するには才能や努力、個性のほかに、強靭な精神力が必要だと言われている。多くの人がトップを目指す中、いろんな試練を乗り越えて、勝ち抜いていく必然性があるからだ。それゆえ、成功したセレブの多くは我が強く、他者の個性を受け入れることができない人も多い。今回はそんなセレブのいがみ合いの中から、世間の注目を集めた女性同士のキャット・ファイトを紹介する。

■第5位 ローレン・コンラッドvsハイディ・モンタグ

 リアリティ番組『ラグナ・ビーチ』のスピンオフ『The Hills』。『ラグナ・ビーチ』で一番人気だったローレン・コンラッドが、高校卒業後にロサンゼルスのファッション誌「ティーン・ヴォーグ」でインターンシップを経験し、キャリアを積み重ねていく姿をドキュメンタリータッチで追う作品なのだが、彼女と親友のハイディ・モンタグの不仲は大きな話題となった。

 ふたりの仲が悪くなった原因は、ずばり男。ハイディがスペンサー・プラットと交際を始めたことにローレンが反対するようになったのがきっかけだった。浮気男のスペンサーはハイディには相応しくないと説得しようとするものの、それを知ったスペンサーが逆恨みし、「ローレンのセックステープがある」というウワサを流すなど、仲をこじらせていった。派手なキャットファイトはなかったものの、スペンサーによりジワジワと険悪になるふたりの様子が一部始終『The Hills』に収められている。後日、ふたりは表面上の仲直りをするのだが、それもテレビカメラの前で行っている。

■第4位 リンジー・ローハンvsアヴリル・ラヴィーン

 もともと感情的になりやすいとされるリンジー・ローハンとアヴリル・ラヴィーンは、公衆の面前でキャットファイトしている。戦いの場所はハリウッドの有名ホテル、シャトー・マーモントのバー。2010年5月のことだった。

 バーに入ったリンジーは、アヴリルが交際相手のブロディ・ジェンナーや友達と飲んでいるのを見つけ、彼女のテーブルに歩みより「ハ~イ」とあいさつした。しかし、アヴリルは表情を硬くし「あっち行ってよ。アンタ、フェイクなのよ。負け犬なのよ。アタシはニセモノって大嫌いなのよ! アタシやアタシの友達の前から失せて!」と攻撃。リンジーは「なんですって! アタシを脅迫するつもり!?」と激怒し、レストランのセキュリティーに「つまみ出して!」と叫んだものの拒否され、引っ込みのつかないリンジーがレストランを出て行くという羽目になった。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング