幸せを隠しきれず! 赤西仁、取材陣に「妻には花を贈ったよ」と回答

サイゾーウーマン / 2012年2月29日 12時0分

 黒木メイサとの"電撃婚"の余波がまだまだ残る赤西仁。2月18日にはひっそりと羽田空港から帰国し、27日にNHKホールで開催された『MUSIC JAPAN』(NHK)番組収録で結婚後初めてファンの前に姿を現した。

(画像はこちら)


 黒ハットにシャツ+グレーのジャケット、ジーンズという衣装で登場した赤西。トークは日本とアメリカの食の違いやラーメンの話に終始し、結婚については触れることがなかったが、「アメリカに拠点を移されたわけですが......」とのアナウンサーの問いかけに「移してないんですよ。(日本で)CDも出しますし」と答えるなど、以前のように「日本では自分のやりたい音楽は分かってもらえない」「とにかくアメリカで挑戦したい!」との気持ちはやや減少しつつあるよう。結婚し、家族ができたことが彼の心になんらかの影響を及ぼしつつあるのかもしれない。

 そんな中「Asia pacific arts」サイト上にアップされたインタビューでは、さりげなく幸せを滲ませるようなコメントを発している。

 アルバム『Japonicana』PRの一環として行なわれているこのインタビュー。とはいえ、アメリカでの活動や日本とアメリカのファンの違い、レコーティングや映画『47RONIN』の裏エピソードなど、内容は多岐にわたり興味深いものになっているのだが、その中でも面白いのがこんなやりとり。

APA(インタビュアー) :あなたのファンと、あなたをまだあまり知らない読者に、あなた自身について3つ教えて。

Jin:僕の? 自分について3つ?

APA:そう。あなたのことよ!

Jin:ええと......僕はアジア人です(笑)。それから......ええと......
1)マンガを読むのが好き。特にワンピース。
2)毎朝、コーヒーを飲みます。ラテのエクストラショットで。
3)食べ物が大好き。やっぱり日本食が一番。寿司とそばが好き。

 と、意外に素朴でかわいい答えをしている。唐突に「あなたについて3つ教えて」と問われれば戸惑うのは当然のことで、それまで仕事について意気揚々と語ってきた赤西が見せた「素」の瞬間だったかもしれない。その流れでインタビュアーが重ねて訊ねたのは......。

APA:少し前がバレンタインデーでしたが、なにかスペシャルなことはしましたか? 

Jin:仕事とリハーサルでいっぱいでしたけど(笑)、妻には花を贈りました。 

 ここでサラリと飛び出した「my wife」という単語。ジャニーズ事務所の"検閲"が入らない海外でのインタビューならではの発言と言えそうだが、「妻」という言葉が自然に出てくるあたり、赤西にとってのメイサの存在がそれだけ大きくなっているということが分かる。

 日本とアメリカを行き来する忙しい日々の中でも「新婚夫婦」として着実に愛を深めているふたり。周囲からの批判など、彼らにとってはまったく関係ないということかもしれない。


【関連記事】

交際報道の翌日に! 赤西仁、黒木メイサとふたりで仲良く買い物 

赤西仁の嫁・黒木メイサのマンションはジャニーズ御用達だった!

業界から批判の声が集中! 赤西仁&黒木メイサに問われる"落とし前"

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング